コラム
» 2016年03月14日 14時34分 UPDATE

“Let us loop you in.”ってどういう意味?

3月11日にAppleが公開した、3月のイベントのキャッチコピーは、“Let us loop you in.”でした。いつも謎かけのような言葉を記載するAppleですが、今回はどのような意味が込められているのでしょうか。

[園部修,ITmedia]
Let us loop you in. Let us loop you in.

 Appleが3月21日に開催するイベントの招待状をメディア宛てに発送し、同時にライブ中継を行う予定のWebページも公開されました。招待状や中継ページには、おなじみのリンゴマークのヘタの部分をモチーフにした模様が描かれており、その下には“Let us loop you in.”の文字。あまり聞き慣れない表現ですが、一体どういう意味なのでしょうか。

 “loop (someone) in”という表現は、慣用的に用いられるもので、直訳すると「(誰かを)輪に入れる」と読み取れますが、要するに「仲間に加える」といったニュアンスになります。そこから転じて、「ある事柄について、常に情報を共有しておく」といった意味があるようで、メールのやり取りのCCにある人を加える時などに使われています。

 似たような表現として、“keep (someone) in the loop” という言い方もあります。“Keep me in the loop.” といえば、「何かあったら私にも教えてください(連絡をください)」という意味です。

 さて、Appleが言う“Let us loop you in.”は、単純に、新製品の情報をお伝えしますよ、私たちの最新事情を共有しますよ、という意味にも取れますが、いつもこういう「一言」にいろいろな意味を重ねてくるAppleのこと。何かこの言葉を選んだ意図があるのは間違いありません。

 1つ考えられるのは、文字通りFBIとのやり取りに関する最新情報の可能性です。今回のAppleのイベントは、もともと15日前後に開催される予定だといううわさがありました。それが21日に変更された理由は、米国で、銃乱射事件の容疑者が所有するiPhoneのロックを解除し、捜査に協力するよう求めるFBI(連邦捜査局)からの要望を拒否したことについて、3月22日に法廷審問が行われることと関係しているといわれています。この件に関して、Appleはすでに声明を出していますが、今後どう対応していくか、改めてメッセージを出すのではないかと言われています。

 また、イベント会場がApple本社なので、同社の住所である“1 Infinite Loop”とかけているという見方もあります。米国の住所表記はすべて番号+道路の名前なので、Infinite LoopはApple本社が面している道路の名前です。iPhoneのMapアプリなどで見てみると、本社ビルを取り囲むように長円形の道路が敷設されています。

Let us loop you in. Apple本社があるのは1 Infinite Loop
Let us loop you in. Let us loop you in.のページに設定されている、SNS投稿などに利用するためのOGPの画像は、中継ページの画像よりも濃いグレー(スペースグレイ?)の部分が大きく入っています

 文字以外の要素にも注目してみると、リンゴの葉の部分にかかるようにループが描かれ、濃いグレー、薄いグレー、濃いピンク、オレンジっぽい黄色の4つの色に分けられているのが分かります。これは、すでにいろいろなサイトでうわさが取り沙汰されているとおり、新しいiPhoneを意味するのでしょう。現状、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの4色をそろえているのはiPhoneとApple Watchですが、Apple Watchについては新製品のうわさはほとんどありません。iPhoneについては、4型ディスプレイを採用した新モデルが発表されると言われており、今回のイベントの目玉はこのiPhoneだと考えられます。

 9.7型ディスプレイを採用するiPadの新モデルは、Apple PencilやSmart Keyboardに対応するなど、「iPad Pro」と同等の機能を備えるといったうわさがあります。ボディカラーは、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4のいずれもシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開ですが、iPad Air 2が2014年10月に発表されたときに、新色としてゴールドが追加されたことを考えると、今回も主力モデルとなる新しいiPadでローズゴールドが追加される可能性はありそうです。画像左下の淡いピンク色は、そのあたりの意味が込められているのかもしれません。

 いずれにせよ、3月22日の早朝には全容が判明するAppleの新しい製品ラインアップ。21日は日本では春分の日の振替休日なので、徹夜組も多く盛り上がりそうですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事