ニュース
» 2016年03月17日 15時16分 UPDATE

睡眠不足を感じているのは「経営者」より「一般社員」?

3月18日は「世界睡眠の日」。ねむログの調査で、睡眠不足に関する興味深い結果が発表された。

[ITmedia]

 一般会社員は経営者よりも長く寝ているのに、睡眠不足と感じている人の割合が高い――そんな傾向が、ねむログの「睡眠に関する実態調査」で明らかになった。調査は3月11日〜13日にかけて行われ、対象は経営者412人と一般会社員412人(男性206人、女性206人)の計824人。

休日の睡眠時間に差

 調査では、経営者と会社員に分けて、平均睡眠時間や眠りにつく時間、睡眠不足の意識などについて尋ねた。

 それによると、平日の平均睡眠時間は経営者が5.99時間だったのに対し、会社員は6.03時間と、ほとんど差は見られなかった。一方で休日の平均睡眠時間になると、経営者が6.73時間に対し、会社員が7.13時間と、やや会社員の方が長くなる傾向が見られた。

ts_sleep01.jpg 平日の平均睡眠時間
ts_sleep02.jpg 休日の平均睡眠時間

長く寝ていても「睡眠不足」

 自分が睡眠不足だと思うかを尋ねた質問では、「そう思う」と「ややそう思う」を足した割合が経営者は58.7%、会社員は68.7%と、10%の差があった。前問で見た通り、平均睡眠時間は会社員の方が長いものの、それが睡眠への満足度には必ずしもつながっていないようだ。

ts_sleep03.jpg 睡眠不足だと思う人の割合

睡眠環境にも格差?

 ベッド・布団のサイズについて聞いた質問では、経営者は「シングル」と答えた割合が49.5%で、残りの過半数はシングルより大きなサイズのベッドで寝ていることが分かる。一方、会社員は「シングル」が64.6%と、やはり睡眠環境でも差が見られる結果となった。

ts_sleep04.jpg ベッド・布団のサイズについて

 3月18日は、世界睡眠医学界が定める「世界睡眠の日」だそうだ。これを機に、普段の睡眠を見直してみるのもいいかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう