まとめ
» 2016年03月19日 06時00分 UPDATE

ローソンのおすすめブランパン ★付きレビュー記事まとめ

ダイエットパンって、高いとか、おいしくないって思われがちだけど、本当はどうなんだうか。実際に食べてみた感想をまとめます。

[ITmedia]

 低糖質のオーツ麦と米のブラン(ふすま)を使ったローソンの「ブランパン」は、塩分も抑えてあり、ダイエットや体質改善を求める人にはうってつけです。惣菜パンに菓子パン、主食パンなど5種類のレビュー記事をまとめました。

星6つ!「ブランブレッド」

 「ブランブレッド」は低糖質、さらに塩分30%をカット。米、オーツ麦のブラン(ふすま)を使用して、シンプルに生地だけで焼き上げた食卓パン。

 ややモッチリしていて、かむとパンらしい甘さもじわっと感じる。最初はモサモサして粉っぽく感じるが、そのためにトッピングやケチャップ、マヨネーズ、玉子サラダが、どれも合う。このパンは、6つの山がちぎりやすい形をしている。定価175円(税込)、製造:山崎製パン。

ts_11_1.jpg

星6つ!「ブランサンド サラダチキン(トマト&野菜)」

 「ブランサンド サラダチキン(トマト&野菜)」は、ダイエットに効果的なサンドイッチ。野菜とケチャップ風のソースがパンによく合うし、サラダチキンの味も、パンの風味を邪魔しない。

 ただ、「自分でサラダチキン買って食パンに挟めば安上がり?」とも思えてしまう。260円はちょっと高めにも思える。定価260円(税込)、製造:山崎製パン。

ts_11_2.jpg

星8つ!「ブランのサラミ&トマトピッツァ」

 「ブランのサラミ&トマトピッツァ」は、生地は普通のブランパンで、周辺部を食べているときは、「ブランパン+ケチャップ」という感じで少々つまらないが、中心部のチーズ、サラミのあたりに達すると、激ウマ! ブランパンを食べてる感覚はない。

 一方でピザともいえず、中心部は生地の存在感がないので、ちょっと「焼きチーズ」を食べている感じにも似ている。ただ、食べ終えたときの満足感は高く、215円は高いが、納得感がある。定価215円(税込)、製造:山崎製パン。

ts_11_3.jpg

星6つ!「ブランのトマト&チーズパン」

 「ブランのトマト&チーズパン」は、トマトもチーズも「風味」レベルできっちり味わえない。実は生地に練り込まれていて、かんでいるとジワジワと味がするというものだ。

 ただケチャップを付けて食べてみたら、実はこれがなかなかいい。トマトの味が濃厚になると、チーズの味も際立ってくる。カロリーは低く、小さいのでボリュームはないが、ブランブレッドよりも安くすむのでオススメ。定価150円(税込)、製造:山崎製パン。

ts_11_4.jpg

星7つ!「ブランのシナモンブレッド」

 「ブランのシナモンブレッド」は、ブラン生地とシナモンの生地が層になっていて、仕上げにシュガーコーチングをトッピングしてある。菓子パンのような甘さではなく、ほんのりと甘い。生地にチョコを練り込んだパンに近く、シナモンの香りは強めで、コーヒーとの相性抜群だ。

 安いが、ボリュームはないので、最低2個買いたいところ。それでも合わせて300円はオススメだ。定価150円(税込)、製造:山崎製パン。

ts_11_5.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう