連載
» 2016年04月04日 06時00分 UPDATE

星8つ! 江崎グリコ「カロリーコントロールアイス 抹茶あずきモナカ」をレビュー!

今回選んだのは江崎グリコの「カロリーコントロールアイス 抹茶あずきモナカ」(162円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは江崎グリコの「カロリーコントロールアイス 抹茶あずきモナカ」(162円/税込、店頭価格)だ。

ki_food_0201.jpg

オススメ度(10段階評価)

star8.jpg

モナカアイスに苦みは必要だろうか? 筆者を惑わせる大人の味

 極めて難しい問題に直面したね。つまり「アイスに苦みは必要か?」ということですよ。この問題に世のアイス好きは取り組まなければならないね。前回に続いてグリコのカロリーコントロールアイスですよ。

 このシリーズは充実しておりまして、筆者いまだ前回のチョコモナカと本品しか食べておらず、レビューが足りないというそしりからは逃れられないね。無論筆者もこの課題の重要性は理解しているので見つけ次第食す、ということは忘れていない。

 だがそれよりも目の前の課題は「アイスの苦み」ですよ。本品は抹茶味。これまでも本レビューで抹茶コラボ商品を取り上げてきた。そこで筆者は偉そうに語ったね。「茶の苦みあるべし」と。それこそ抹茶コラボである、と。そうでないなら減点だ! と。

 だがアイスに苦みは必要であろうか? 本品には苦みがある。それは舌に薄く残る程度のほのかな苦みだ。だが筆者はこの苦みがどうしても気になる。抹茶味のアイスは、茶の香り程度のほうが良かったのではないか? そう感じてしまったね。前回と違い、硬いチョコクランチがなく、代わりにミルクソースが加わったことで、どうにも締まりがないのも気になる。恐らく茶の苦みでビシッと締めてくるはずだったのであろう。が、それを強調すればきっとおいしくない。

 だからこそこの薄い苦みなのだろう。無論、甘さを抑え、それでいておいしさを感じさせる、しかも低カロリーという素晴らしさが揺らぐことはない。だがこのわずかな苦みが筆者を苦しめる。これは評価すべきなのか。それとも減点要素なのか。チョコモナカ味よりも大人に好まれそうな味ではある。ということは筆者はお子様なのだろうか。筆者は悩み、チョコモナカより星1つ減点した。この苦みにプラスの評価をする人もいるだろう。そういう大人に、筆者はなりたい。

ki_food_0202.jpg

公式情報

食べごたえのあるモナカアイスシリーズ。 宇治抹茶仕立ての抹茶アイスとあずき、ミルクソースのおいしい組合せです。

栄養成分

熱量 80kcal
タンパク質 2.0g
脂質 2.7g
糖質 13.0g
食物繊維 7.7g
ナトリウム 56mg
ショ糖 0g
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう