ニュース
» 2016年04月04日 13時46分 UPDATE

ドコモ、歩いてdポイントをためる「歩いておトク」など新ヘルスケアサービスを開始

ドコモは新サービス「歩いておトク」を含む、計4つのヘルスケアサービスをまとめた「dヘルスケアパック」を発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 ドコモは3月31日、新サービス「歩いておトク」など計4つの健康サポートサービスをまとめた「dヘルスケアパック」を発表した。

dヘルスケアパック 4つのヘルスケアサービスをまとめた「dヘルスケアパック」

 dヘルスケアパックは、「歩いておトク」「からだの時計 WM」「カラダのキモチ」「Runtastic for docomo」の4つのサービスをまとめて契約できるサービスだ。それぞれのサービスを個別に契約すると合計月額1250円(税別、以下同様)かかるところ、月額500円で利用することができる。また、契約者は提供企業のサービスや製品の割引を受けることができる。例えば、オムロンヘルスケアの活動量計やねむり時間計、ドコモ・ヘルスケアの「ムーヴバンド3」を優待価格で購入することが可能だ。

歩いておトク 歩数に応じてdポイントをためることができる「歩いておトク」

 歩いておトクは、スマートフォンで日常の歩数を計測し、国内外の観光地を巡るバーチャルツアーを歩数に応じて進むことでdポイントをためることができるサービス。毎日7000歩程度を歩くと、dポイントが月に500ポイント程度たまるという。また、ドコモの活動量計「ムーヴバンド2」「ムーヴバンド3」を連携させることで、ツアーゴール時に追加でdポイントを得ることができる。dヘルスケアパックを契約せずに、個別で契約した場合の月額は300円となる。

 dヘルスケアパックと歩いておトクの提供開始日は、ともに4月19日から。開始当初はドコモユーザーのみ利用できる。

 

時間がなくても簡単に楽しく

 ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長の和泉正幸氏は「ヘルスケアサービスについてアンケートを取ると、「時間がない」「難しそう」「楽しくない」と言った声を聞く。そこで、誰でも簡単にヘルスケアに取り組めるように「時間がなくても簡単に楽しく」を目標として歩いておトクを作った。」と話す。

 また、ドコモ・ヘルスケア取締役の村上享司氏は「健康に比較的無関心な人たちに対して興味を持たせたい。dヘルスケアパックを通して、健康意識に応じて段階的にヘルスケアをサポートしていくことができる」と、dヘルスケアパックによって健康に無関心な人たちから積極的に取り組んでいる人たちまで、多くの層に使ってほしいと考えている。

 歩いておトクが、まず誰でも簡単に始められる入門用のサービスの位置付けとなる。その次の段階に位置するのが、からだの時計 WMやカラダのキモチだ。からだの時計 WMは、専門家が監修した、一人一人の生活習慣に応じた知識を得ることができる。また、管理栄養士や医師に電話で相談することも可能だ。カラダのキモチは、生理日や基礎体温などを管理して生理周期による体や心の変化にあわせたアドバイスを提供するサービスだ。

 積極的に運動に取り組む人向けに提供するサービスがRuntastic for docomoだ。これは各トレーニングによる消費カロリー計測や、目標達成をサポートする。

歩いておトクはDeNAライフサイエンスと共同開発

 今回新しく提供される歩いておトクは、ドコモ・ヘルスケアとDeNAライフサイエンスが共同して開発した。アプリの開発と運営はDeNAが行っており、実際にアプリ画面を見るとDeNAで培われたソーシャルゲームのノウハウが随所に見られる。

「歩いておトク」「歩いておトク」「歩いておトク」 「歩いておトク」のアプリ画面

 筆者としても、毎日編集部でPCに向かった日々を送っていると運動不足を強く感じるが、なかなか自分から運動しようかなと思う時間も気力も沸かないのが正直なところ。簡単にヘルスケアを始められるならば、ぜひとも活用してみたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう