コラム
» 2016年04月07日 06時00分 UPDATE

なぜ関西の食パンは「5枚切り」なのか?

関東と関西は食パンの食べ方にも大きな違いがありました。

[石原亜香利,ITmedia]

 朝食の定番といえる食パン。薄切りや厚切り、バターを塗るのかジャムを塗るのか……食べ方は人それぞれです。

 実は関東と関西における食パンの枚数で、意外なことが明らかになりました。今回は食パンに隠された秘密を紹介します。

食パン 切り方

食パンの厚さ、6枚切り? それとも5枚切り?

 食パンを一斤買うとき、厚さについて考えたことはありますか? 4枚切りから12枚切りまで市販されていますが、やはり主流は5枚切り、6枚切り、8枚切りですよね。この切り方について、関東在住の人は、6枚切りを選ぶ人が多いようです。

 それに対して、関西では、6枚切りではなく、厚切りの5枚切りが定番です。関東では5枚切りが少ないため、関西出身の人が関東に引っ越してくると戸惑う人も多いのだとか。実際、5枚切りを好む関西の人から「なぜ5枚切りがないのか」と問い合わせがくるケースもあるようです。

食感にも地域差がある

 食パンの枚数における東西の違いは、食感の好みの違いが理由です。関東は薄切りのパリパリっとした食感が好みであることに対して、関西は厚切りで外はカリッと、中はふわっとした食感を好む傾向があるといわれています。結果、関西では5枚が最も売れているのでしょう。

 全国で食べられている人気の食パンですが、バターやジャム、チーズと合わせてもおいしく味わえます。焼きたての食パンには、とっておきのトッピングで、自分だけのメニューを作ってみたいですね。

トースト 食感の好みの違いが理由?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!