ニュース
» 2016年04月26日 17時30分 UPDATE

気になるアレの販売ランキング:新発売のあのモデルは売れてる? スマートウォッチの売れ筋を知る

Apple Watchが発売されて約1年がたち、この市場は今、Android Wearやその他独自のプラットフォームも含め、百花繚乱(りょうらん)といった状態です。売れ筋はどんな製品なのか、GfKのデータからひも解いてみます。

[園部修,ITmedia]

 「Apple Watch」の発売から約1年。スマートウォッチ市場には、IT機器に強いメーカーから時計メーカー、はたまたGPSウォッチメーカーなどまで、さまざまなプレーヤーが製品を投入し、花盛りと言える状況です。10月のランキングでは、Apple Watchがトップ3を独占していましたが、そこから5カ月が経過した今、スマートウォッチの売れ筋に変化はあるのでしょうか。

GfK Smart Watch Ranking Apple WatchとSmart Outdoor Watch WSD-F10

 マーケティング・リサーチ会社GfKの協力を得て、スマートウォッチの3月の月間販売ランキングをお届けします。

 価格が安くなったこともあり、Apple Watch Sportは相変わらず人気のようです。38mmよりも42mmが売れているあたり、やっぱり男性が多いのでしょうか。

 興味深いのは、3位に食い込んだGARMINの「vivosmart HR J」です。スマートウォッチというよりは、活動量計に近いタイプの製品ですが、心拍計測機能なども備えた高機能なモデルで、人気になっているようです。スマートフォンの着信を通知したり、音楽の再生操作ができたりします。

GARMIN vivosmart HR J GARMINのvivosmart HR J

 3月25日に発売されたカシオ計算機のスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」は、販売開始から間もないにもかかわらず、堂々の5位。待ちわびていたユーザーが多かったものと想像されます。

 そのほかSamsungの「Galaxy Gear S2 classic」などもランクインしており、5カ月前とはだいぶ顔ぶれが変わっていました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.