コラム
» 2016年05月01日 06時00分 UPDATE

1人暮らしなら活用したい「家事代行サービス」って知ってる?

近年、家事代行サービス市場が伸びている中、これまでの利用者や利用の形にも変化が現れているようです。

[石原亜香利,ITmedia]

 女性の社会進出に伴い、大幅な市場拡大が見込まれているのが「家事代行サービス」です。これまでは家政婦やホームクリーニングの形で一部の層に利用されていた分野ではありましたが、今では一般のビジネスパーソンが利用するサービスに進化しています。信頼性も上がり、まるでクリーニング店に衣類を出すかのような感覚で利用できるのが特徴です。

家事

利用率は約3%止まり、経済産業省が普及に邁進

 家事代行サービスとは、文字通りサービス会社のスタッフが自宅を訪問し、掃除・洗濯・炊事などの家事を代わりにやってくれるというもの。しかし、見ず知らずの人間を家に入れることや、高額であることなどから、実際の利用者は経済産業省によるアンケート調査でも約3%にとどまっています。

 そこで同省は、2015年より「家事支援サービス推進協議会」を立ち上げ、事業者ガイドラインを策定するなど普及事業を行っています。

 そんな国を挙げて推進されているこの家事代行(支援)サービス市場は、同省は2012年度の980億円(見込み)から、将来は約6000億円規模に拡大すると推定しています。

1人暮らしの男性ニーズをキャッチ!

 そんな家事代行サービスは、1人暮らしの男性ビジネスパーソンには非常に便利でニーズにかなった展開をしています。特にこの層をターゲットとした良心的な価格設定や、サービス内容も増えています。

 例えば、残業が多い男性ビジネスパーソンは自宅にいる時間が少なく、家事など到底手が回らないもの。そこで、平日の仕事中、代わりに掃除や洗濯のほか、料理の用意までしてくれる家事代行サービスは、かなり重宝するでしょう。

 料金も、大手サービス会社では、週1〜2回の2時間の定期訪問で、掃除・洗濯・料理・買い物などの家事全般を行う場合、およそ5000〜8000円/1回程度。1カ月に3〜4万円程度です。

手軽なクラウド型や個人同士の家事代行サービスも

 もっと手頃な価格のサービスもあります。1つはWebから依頼でき、1時間2500円から掃除してくれる「クラウド家事代行サービスCaSy(カジー)」。もう一つは、家事代行、掃除、IKEAの家具組立などのサービスを、登録している個人に依頼できる「ANYTIMES(エニタイムズ)」。

 家事代行は今、より我々の身近になってきていることは確かです。とはいえ、まだまだ信頼性・プライバシーの面では完全に解決されているとはいえない状況。各社は、サービスを行う人材選定を厳しくするなど、その信頼度アップに取り組んでいるようです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう