ニュース
» 2016年05月19日 15時00分 UPDATE

アプリの単体動作も実現 この秋リリースされる「Android Wear 2.0」で変わること

GoogleがAndroid Wearのメジャーバージョンアップを発表しました。この秋リリースする2.0では、スマホなしの単体アプリが作れるようになるほか、ウォッチフェイスのComplications対応、手書きやキーボードでの文字入力対応などが盛り込まれます。

[園部修,ITmedia]

 Googleが5月18日(現地時間)、開発者向けイベント「Google I/O 2016」で、Android Wearのメジャーバージョンアップについて情報を開示しました。開発者向けのPreview版は、LGの「LG Watch Urbane 2nd Edition」用と「Huawei Watch」用がダウンロード可能になっています。

Android Wear 2.0

 Android Wearのリリースから約2年、初のメジャーバージョンアップということで、大幅な機能強化を図る予定です。最大のポイントは、スタンドアローンのアプリが作成可能になることでしょう。つまり「Android Wear単体で動作するアプリ」が実現できるようになります。Android Wear 2.0搭載デバイスがBluetoothやWi-Fi、LTE/3Gなどを使ってネットに接続できれば、対応するスマートフォンがなくても情報の取得やメール・メッセージの送受信などが可能になります。ランニング中に、スマートフォンなしで音楽をストリーミングで再生するといったこともできそうです。

Android Wear 2.0

 また、Android Wear 2.0では、単体でメールの返事が容易に行えるよう、「Smart Reply」が実装されます。Smart Replyは、受信したメールの内容をベースに、返信の候補をいくつか挙げてくれる機能。短い返信するなら、候補の中から最適なものを選ぶだけで可能になります。

 Android Wearのような小さなウェアラブルデバイスで、文字を入力するのは容易ではありませんが、Android Wear 2.0では手書きでの文字入力とソフトウェアキーボードもサポートする予定です。

Android Wear 2.0

 ウォッチフェイス(文字盤)には、さまざまな情報が表示可能になります。Apple WatchのComplicationsと同様、Android Wearアプリが持つさまざまな情報を参照し、表示可能になるので、複数のアプリを組み合わせて情報を表示するウォッチフェイスを作ることも可能になります。

Android Wear 2.0

 このほかAndroid Wear 2.0では、Fit APIを経由することでフィットネス系アプリ同士がお互いにデータのやり取りをすることが可能になります。ランニングアプリで計測したデータが、活動量計アプリなどからも参照できるようになるわけです。運動を自動認識できるようになるため、対応するアプリでは、走り始めたら自動的にデータの取得をスタートする、といった実装もできるようになるようです。

Android Wear 2.0

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう