連載
» 2016年05月26日 06時00分 UPDATE

星8つ! ミツカン「金のごまだれカロリーハーフ」をレビュー!

今回選んだのはミツカンの「金のごまだれカロリーハーフ 」(294円/税別、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのはミツカンの「金のごまだれカロリーハーフ 」(294円/税別、店頭価格)だ。

オススメ度(10段階評価)


カロリーハーフはサラサラ系ごまだれ 意外とゴマ感が強いのも◎

 いつの間にか、金のごまだれにカロリーハーフ版が。というのも、筆者は金のごまだれをあまり使わないのです。ちょっと濃厚すぎまして。そんなわけでノーマークだったのですが、カロリーハーフがあるのなら試してみるべ、と。

 もう通常版(焙煎荒挽き仕上げ)と比べて、とろみが違う。ハーフはサラサラ。通常版はネットリ系。もうこれだけでカロリーハーフ、買う気がして参りました。食べ比べには豆腐を使用。普通はゆでた豚肉ですとか、サラダに使うんでしょうけれども、豆腐にもよく合います。

 で、意外なことにゴマの存在感はハーフのほうが上なのですね。なんでしょう、こちらのほうが荒挽きなのでは? と思うほど。ゴマのカケラが大きいような。サラサラしているぶんゴマを感じやすいのか。通常版はドロっとしていますから、ゴマがあまり口内で動けず存在を感じにくい……のでしょうか?

 ハーフは酸味が強く、通常版はマヨネーズ感といいますか、より味が濃厚です。とはいえ食べ比べていると、だんだん互いの味が混ざり合って分からなくなる。それくらい近い味。

 食べ比べをしていると、ハーフはどちらかと言えば肉や脂っこいものへかけたくなり、通常版は定石どおりにサラダなどさっぱりめの食材に足したいな、などと思います。しかし、そこまで気にするほどの違いでもないのかな、と。カロリーハーフでも十分おいしいですし、ゴマを感じられるので、筆者としてはやはりハーフのほうが好きです。21世紀の金のごまだれはカロリーハーフが主力になる、と予言しておきます。

公式情報

「すりごま」の風味や食感を生かしつつ、金のごまだれ、焙煎荒挽き仕上げからカロリーを50%カットした「ごまだれ」です。

栄養成分

熱量 21kcal
タンパク質 0.39g
脂質 1.8g
炭水化物 0.74g
ナトリウム 300mg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう