ニュース
» 2016年05月27日 21時15分 UPDATE

指輪型の活動量計「スマートリング」  追加機能のアイデアを+Styleで募集

活動量計にしては珍しい、指輪型のデザインを採用した「スマートリング」。現在開発中のこの製品に追加してほしい機能のアイデアを+Styleで募集しています。

[園部修,ITmedia]

 ライテックが、指輪型の活動量計「スマートリング」を国内販売するのに先立ち、追加機能のアイデアの募集を開始しました。ソフトバンクが立ち上げた、IoT商品などを創出したい企業と消費者をつなげるプラットフォーム「+Style」で、製品をよりよいものにするための提案を受け付けています。

スマートリング ライテックの「スマートリング」

 スマートリングは、指輪型の活動量計で、心拍数(脈拍数)、歩数、歩行距離、消費カロリーの計測ができるデバイスです。ディスプレイなどはなく、データは専用のスマホアプリで確認する仕組みです。フル充電の状態で2日間動作します。本体を充電する際には、指から外して充電ケーブルにつなぐのではなく、専用の充電用リングを本体に重ねて着けるというユニークな仕様を採用しています。IPX5の防水性能を備えるので、手を洗う際などに外す必要はありません。リングサイズは直径17.5mmから22.5mmまで、11タイプで対応するそうです。

スマートリング バッテリーは充電用リングを重ね着けして充電します
スマートリング データはスマホアプリで確認します

 活動量計といえば、現在はリストバンド型、あるいは腕時計型の製品が主流ですが、指にはめるタイプは珍しく、腕時計と共存させるにはよさそうです。

 基本機能の心拍数、歩数、歩行距離、消費カロリーの計測に加えて、どういった機能があるといいかを募集しており、そのアイデアを元に製品化を進めるようです。現在Webサイトでは、以下のようなアイデアを例として挙げています。

  1. 1日の目標歩行数に達したらリングが光って教えてくれる機能
  2. 小さなライトとしても手元を照らせる機能
  3. 気分に合わせてデザインを替えられる
  4. 駅の改札やコンビニでタッチするだけで決済できる機能
  5. 家族や子供など大切な人の居場所がわかる機能

 アイデアを投稿するには、+Styleのサイトで無料の会員登録をして、フォームから投稿すればOKです。活動量計を買えるアイデアを持っている人は、理想の活動量計を作ってもらえるチャンスかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.