コラム
» 2016年05月30日 06時00分 UPDATE

戦後よりカロリー不足な現代人、真の“健康”とは?

失ってはじめて価値が分かるもの。その1つに「健康」がある。「自分は気を遣っているから大丈夫」だと思っているあなた。その常識、あらためて見つめ直してみませんか。

[ITmedia]

 暴飲暴食、夜更かし、運動不足……。元気なときはノリや勢いに任せてムチャをしがちだが、体はひそかに悲鳴をあげているかもしれない。自分の体調は把握しているし、間違ったことはしていないはず、と思っていても、健康に関する常識は常に更新されている。

 今回は過去の記事を通じて、食と運動の習慣について知っておいて欲しいことをまとめてみた。

戦後よりもカロリー不足? やみくもにすると危険な「炭水化物抜きダイエット」

 中高年に多いメタボリック症候群。食べすぎが原因と思われがちだが、栄養不足の可能性も指摘されている。「食べてスリムアップ」を掲げる管理栄養士・米倉かなさんによると「代謝の低下が問題」という。

 炭水化物と脂肪は身体にとって必要な栄養素なので、「炭水化物抜き」「油抜き」ダイエットはデメリットが大きいと話す。代謝が悪くなるとリバウンドしやすく、痩せにくくなってしまうことも。摂取量をただ制限すれば良いというものではない。炭水化物も脂質も含めた、バランスの良い食事が基本中の基本だ。

ダイエットの天敵かと思いきや「カロリーの量を見るだけではNG」

 やせようと思ってまず始めに取り掛かるのが、食事制限ではないだろうか。量を減らすことはもちろん、カロリーを控えるのが大原則だと考えている人は多いように思う。しかし、それにも注意が必要だ。カロリーはタンパク質・脂質・糖質からできているので、何から摂るのかが重要となっている。

 「カロリーを抑えているのに痩せない……」と嘆いても、デニッシュのパンなど脂質や糖質から多く摂っていると効果的とはいえない。同じカロリー量でも、その質をチェックしないと意味がないのである。

考えかたによってはむしろOKな「ごほうびビール」

 ランニングで良い汗をかく習慣があっても、どうしてもビールが飲みたくなる……。これも「ごほうびビール」とすればOKな場合もあるのだとか。

 飲み会の席では揚げ物と同じ数だけ野菜を食べるようにしたり、サラダのドレッシングはノンオイルを少なめにしたり、ビールと水を交互に飲んだり。そのような食生活を意識し、我慢のしどころを間違えないことが重要である。

 食べ物のカロリーやどのぐらい運動すれば消費できるのかを知っておくのも、行動に移しやすくなるのでおすすめだ。

目的意識は何でも良い、とにかく「楽しく走る」

 「日本ランニング協会」代表理事の小林さんと、ランニングアドバイザーの真鍋さん。二人ともプロのランナーとして活動していたこともある、正真正銘のアスリートだ。現役引退後、競技としてではなく「走る楽しさ」に気付いたという。

 ストイックにタイムや成果を求め、身体を酷使してきた二人だからこそ意味のある言葉だろう。決してムリをすることなく、やりたくない日はやらない。自分なりの楽しさを発見したときに、ランニングに対する新たな価値を見つけ出せるだろう。

続けるコツは、義務感をなくし「ムリせず自分らしく走ること」

 小林さんによると、続けるコツは「10分でもいい、1キロでもいい、足が痛ければ歩いちゃえばいい」という意識で走っているという。恋愛マニュアルを読み込んでもうまくいかないように、その考え方は恋愛と似ているとも。幸せな結婚観や家庭像をステレオタイプに考えると疲れて長続きしないように、自分らしく楽しむことが大切だと話す。

 目的も「痩せたい」「気分転換したい」「ごはんをおいしく食べたい」というように人それぞれ。ランニングは義務感ではなく自発的に続けるのが一番のようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう