コラム
» 2016年08月04日 07時00分 UPDATE

いち早く察知したい! 熱中症の兆候とは

熱中症の前段階である脱水症。その兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。

[石原亜香利,ITmedia]

 夏が来るたびに頻繁に耳や目にする「熱中症」というワード。他人ごとではなく、自分の身にも十分、起こり得ることです。しかし「どうなれば熱中症なの?」と疑問を抱えたままだと、いざ熱中症につながりそうな状態のときに、適切な予防策すらとることができません。そこで、熱中症の初期症状など、兆候を確認しておきましょう。

熱中症

熱中症とは何か?

 熱中症とは、気温が上昇することにより、身体が適応できなくなって、健康障害が現れることの総称です。熱失神や熱けいれん、熱疲労、熱射病などがあります。

 通常、人間は暑くなると、汗をかいたり、皮膚温度を下げたりと、自然に体温調節を行います。しかし、体温が上昇しすぎると調整が難しくなり、身体が対応しきれなくなることがあります。例えば、汗が出なくなったり、水分不足で脱水症になったりします。そうして体の中に熱がたまり、熱中症の症状が現れてくるのです。

 熱中症の症状には、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気、力が入らない、意識障害、けいれんなどがあります。

こうなったら要注意! 熱中症の兆候

 熱中症は、まず「脱水症」から始まるといわれています。汗によって失われる水分や塩分を摂取するよう、盛んに呼びかけられているのはそのためです。

 熱中症を防ぐためには、まず脱水症の兆候を察知することがポイントになりそうです。

【主な脱水症の兆候】

  • めまいがする
  • 口が乾く
  • 唾液や尿の量が減る
  • 食欲が落ちる
  • 集中力が落ちる
  • 脚がつる
  • しびれや脱力感がある
  • 体重が減る
  • 軽い下痢や嘔吐がある
  • 微熱が出る

脱水症は「前脱水」を察知するのがポイント

 実際に脱水症になれば、めまいや頭痛、吐き気などの症状が出るため、不調はすぐに分かります。しかし、そこに至るまでにも、兆候はあります。正常な状態と、脱水症の間に位置するのが「前脱水」の状態です。どうにかして前脱水を察知する必要があります。

 しかし、前脱水の症状は、まるで二日酔いのときのように、なんとなく体がだるい、頭がぼーっとする、食欲があまりないなど、はっきりしない類のものです。よって、ただの夏バテだとか、二日酔いだと思い、見過ごすケースもありえます。

 よって夏の間は、なんとなく「口が乾く」「食欲が落ちる」などの症状が出たら、脱水症を疑ってもいいでしょう。

 予防策は、涼しい服装をして室内は風通しを良くすること。冷房は適宜使用しましょう。熱中症というと炎天下でなるものと思いがちですが、室内でも気温が高い環境では起こり得ます。水分と塩分はしっかり補給し、睡眠もたっぷりとります。無理な食事制限は避けて、適度に運動しながらしっかり食べる、健康的な生活を心がけることが大切です。

ヘルスケアコラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!