コラム
» 2016年08月31日 09時00分 UPDATE

スマホ、PCで酷使した目の疲れをとる栄養

スマホやPCで起きる眼精疲労。食事から回復するための方法をご紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 毎日、なんとなく目が疲れるのを感じていませんか? 日々、スマホやPCを凝視する生活は、まばたきの回数が減ることで、目の乾燥を起こします。すると目の疲労が進むのです。さらに生活習慣が乱れ、睡眠不足や偏食を続けていると、ますます目が疲れやすくなります。

 目の疲れには、どのような栄養が効くのでしょうか。

ブルーベリー

「血」の不足に良い食材を

 中医学(中国の伝統医学)では、目を使いすぎると「血」を消耗するといわれます。眼の周りの血が不足すると、目に十分な栄養が行き届かないため、疲労や乾燥、視力の低下などを引き起こすといわれています。

 よって血を補う食材である、レバー、ブルーベリー、クコの実、ナツメ、ホウレンソウ、ニンジンなどを摂ると、目の酷使による血の不足に有効といわれています。

ビタミンは目の疲れに必要不可欠

 目の周りの筋肉の疲れや、視神経の働きにアプローチするビタミンB1は、目の疲れに必要不可欠な栄養素です。豚肉やレバー、カツオ、ウナギ、ニンニク、玄米などの未精製の穀類などに多く含まれています。

 ビタミンB2も視神経の働きを高めるほか、目の充血や視力の改善にもいいといわれています。レバーや牛乳、ヨーグルト、納豆、ウナギ、サンマ、ブリなどに多く含まれます。

 また、ビタミンAは、ピント合わせに使われる「毛様体」の筋肉疲労を回復するといわれます。ニンジン、ホウレンソウ、カボチャなどに多く含まれます。

 このように、ビタミンは目の疲れをとるのに必要不可欠な栄養素といえます。

「ルテイン」も目の疲れに有効

 米国の眼科医などが患者に勧める栄養素があるそうです。それは「ルテイン」というものです。ルテインは、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれる、抗酸化作用が強い成分です。ルテインは、目の水晶体などに含まれるため、目の機能を正常化するのに有効といわれています。

 ルテインは、ニンジン、ブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜や卵黄などに多く含まれます。

 こうして見ると、肉類では豚肉やレバー、穀類では玄米、野菜ではニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、ブロッコリーなどが目の疲労に良いことが分かります。

 豚肉と野菜を炒めたものや、肉と野菜の煮物などから、積極的に摂取しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!