ニュース
» 2016年09月28日 17時00分 UPDATE

エプソン、「WristableGPS for Trek」にサファイアガラス搭載モデルなどを追加

エプソンが、登山用のGPSウォッチ「WristableGPS for Trek」に新モデルを追加した。サファイアガラスを搭載したハイエンドモデルなどをラインアップする。

[園部修,ITmedia]

 エプソンが9月23日、トレッキング向けのGPSウォッチ「WristableGPS for Trek」の新モデルとして、サファイアガラスを搭載した「MZ-500MS」、アクティブな印象の新デザインをまとった「MZ-500L」「MZ-500Y」の販売を開始した。直販サイトでの販売価格はMZ-500MSが6万2800円、MZ-500LとMZ-500Yが4万9800円前後(いずれも税別)。

WristableGPS for Trek WristableGPS for Trek MZ-500MS、MZ-500L、MZ-500Y

 WristableGPS for Trekは、GPS搭載のトレッキング用ウォッチ。エプソン独自の技術により、平面/標高の高精度なナビゲーション、GPS毎秒測位で約46時間の連続駆動といった性能を実現しながら、重さは約65グラムと軽量な点が特徴だ。

 今回のバリエーションモデルの追加は、シリーズで初めてのサファイアガラス搭載し、高級感と堅牢性両立させたのがMZ-500MS、ヘアライン仕上げのベゼルとオレンジの飾り帯が印象的なMZ-500L、アクティブなイメージのオーガニックイエローのベルトとミラー仕上げのベゼルを採用したMZ-500Yというラインアップ。すでに販売されているMZ-500B、MZ-500Sと共通の機能に加え、トレッキング計画を簡単に作成・共有できる機能などを搭載した。重さはMZ-500MSが72g、MZ-500LとMZ-500Yは67g。

 トレッキング計画の作成機能は、登山専用のコミュニティサイト「ヤマレコ」と連携しており、ここで作成した計画をPCやスマートフォンアプリ経由で取り込める。またMZ-500シリーズのGPSウォッチで計測したルートログは、ヤマレコの山行記録へ自動アップロードできる。ヤマレコでは、ルートを3D地図で閲覧可能だ。

WristableGPS for TrekWristableGPS for Trek トレッキング計画の作成

 作成したルートは、メールやQRコード、SNSでメンバーと共有することも可能だ。共有されたデータを自分のMZ-500シリーズに取り込めば、リーダーが作成したルートをメンバーが簡単に確認できる。ルート変更が発生した場合でも、すぐにメンバーや家族と変更後のルートを共有できる。

WristableGPS for TrekWristableGPS for TrekWristableGPS for Trek 計画の取り込み

 なお、MZ-500MS他新モデルの発売を記念し、「ヤマレコ」のプレミアムプランの初年度年会費(3400円相当)が無料になる「山専用のコミュニティサイト「ヤマレコ」プレミアムプラン無償キャンペーン」を、3月21日まで実施する。また、プロ・トレイルランナー鏑木毅と一緒に走る、WristableGPS for Trekのスキルアップイベント「WristableGPS for Trekを購入してプロ・トレイルランナー鏑木毅と走ろう!!」(3月5日開催)への参加募集を1月31日まで受け付けている。参加できるのは抽選で50人。会場は神奈川県厚木市の飯山白山森林公園。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!