コラム
» 2016年10月10日 06時00分 UPDATE

静電気で「バチッ!」を予防するのに有効なアイテム3つ

空気の乾燥が気になってきた今の季節に注意したい静電気。そろそろ対策を始める時期がやってきました。まだ一度も対策をしたことがないという人は、ぜひ3つのアイテムを検討してみてください。

[石原亜香利,ITmedia]

 静電気がよく起きるシーンといえば、玄関のドアノブや車の取っ手、セーターを脱ぐときなど。「バチッ!」とくると、またこの乾燥シーズンがやってきたと季節の変化を感じるものです。ある意味、静電気は秋冬の風物詩でもありますが、発生すると嫌な気分になるものです。そこで、この静電気をアイテムで予防する方法をご紹介します。

静電気防止機能付きブレスレット

 静電気を防止する機能のついたブレスレットは、さりげなくつけても目立たず、嫌な「バチッ!」を防いでくれる便利アイテムです。防止の仕組みとしては、帯電防止ゴムを使用しているものや、体に走る静電気に対してアースのような役割を果たす特殊な繊維を用いて除去するものなどがあります。

 これらのブレスレットを着けていれば、車のドアの取っ手に触れた瞬間「バチッ!」と来たとしても、その瞬間に静電気を除去することが可能になります。また、ドアノブなどに触れる前に、ブレスレットをドアノブへ触れさせて静電気を除去してから触り、静電気を防止する方法もあります。

静電気防止スプレー

 スプレータイプは、衣類に発生した静電気を除去するのによく使われます。実は、静電気は衣類に多くたまっているため、着る前にシューっとスプレーしておくと、静電気の衣類における発生が防止されます。

 特に静電気が発生しやすいのは、ショルダーバッグなどと触れてこすれる部分だといわれます。予防としても、あるいはまさに静電気がバチバチいっているときでも、どちらにも使えるスプレーもあります。

静電気除去テープ

 物体のほうに対策を施すことで、静電気を予防する方法もあります。車のドアの取っ手や家のドアノブ、電子コーヒーミルの受け口などに貼ることで、静電気を予防できるのが、「静電気除去テープ」です。

 毎年のように静電気に悩まされている場所があれば、このテープを貼っておくことで、もう“恐る恐る”触る必要がなくなりそうです。

 よく静電気が起きる場所や物によって、これらのアイテムを使い分けてみましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう