コラム
» 2016年10月13日 06時00分 UPDATE

メンズもブーツケアは必須! 秋冬に知っておきたいケア方法

秋冬になると活躍するブーツ。毎年、1シーズン何もケアせずに履き続けていませんか? ブーツを美しく保ち、長持ちさせるためには、定期的なお手入れが欠かせません。

[石原亜香利,ITmedia]

 つい最近、秋冬用のブーツを、げた箱の奥や箱から出してきた人も多いのではないでしょうか。長く履き続けるためにも、ブーツには定期的なお手入れが欠かせません。

 そこで今回は、メンズブーツ特有の手入れ方法を見ていきましょう。

ブーツに手入れが必要な理由

 メンズブーツの中でも、特にカントリーブーツは、その年季の入った革の味わいを楽しむものが多いです。できるだけ長持ちさせるためには、普段のお手入れが重要です。

 カントリーブーツの革には、オイルが染み込んでいるオイルレザーやオイルヌバックが使われることがあります。特にカントリーブーツは、登山やキャンプなどのアウトドアシーンで活躍することが多いため、水と汚れなどをはじき、革の質を守るためにもオイル加工がほどこされていることが多いです。

 しかし、このオイルがかえって埃や砂をつきやすくさせ、汚れやすくしてしまうという欠点もあるため、手入れは欠かせません。

 さらに、革には栄養補給の必要も。ぜひ手入れは定期的に行っておきたいものです。

ブーツの手入れ方法

 では早速、カントリーブーツを例にとって、日ごろの手入れ方法を見ていきましょう。

  • 表面の埃や砂、泥を落とすためにすること……ブラッシング
  • 表面についた汚れを落とすためにすること……クリームやローションでクリーニング
  • オイル分を補給するためにすること……専用オイルを薄く塗る
  • 色を補うためにすること……ローションなどを塗る
  • ブーツの内側の汗や雑菌、臭い対策をすること……除菌消臭スプレーなどを使用し除湿・除菌
  • 形崩れ防止のためにすること……シューキーパーを入れる

 これらの手入れを行うためのアイテムは、靴屋で手に入れることができます。ネットでも購入できるので、探してみましょう。

 手入れは、毎回履くたびに行う必要はありません。気付いたときに、もしくは、5回くらい履いたら行うのが良いといわれています。

 履いた日は、帰ってきた後、ブラッシングだけは行っておくといいでしょう。

 大事な革のブーツは、ぜひ手入れをしっかり行い、できるだけ長持ちさせるようにしたいものですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう