連載
» 2016年12月17日 06時00分 UPDATE

「2016年、いまだ黎明期」のスマートウォッチ市場 Apple Watchのキラーアプリは (1/2)

[松村太郎,ITmedia]

 2016年のウェアラブル市場は、1位Fitbit、2位Appleという初期の体制が保たれたまま推移してきた。それぞれ、アクティビティートラッカー、スマートウォッチとカテゴリーは違うが、身につけるテクノロジーを代表するメーカーとなった。

 今回と次回は、2016年のウェアラブル市場について振り返る。

Apple Watch Series 2に至る2016年の動向

 本連載でもApple Watchに関して注意深く触れてきた。

 前述の通り、ウェアラブルデバイスとして2位、スマートウォッチとして1位のシェアを獲得しているのがApple Watchであり、スマートフォンと連携し、アプリによってさまざまな機能を獲得する「スマートウォッチのスタンダード」ともいえる存在となった。

 2014年9月に発表し、2015年4月に発売したスマートウォッチは、2016年9月にマイナーバージョンアップを迎えた。Apple Watch Series 2だ。

 これまでラインアップとして、アルミニウムケースのApple Watch Sport、ステンレススチールケースのApple Watch、ゴールドケースのApple Watch Editionと、ケースの素材ごとに名前が違った。

 しかし2016年9月のアップデートでは、ゴールドモデルはラインアップから落とされ、それまでのアルミニウムケースはApple Watch Series 1として、新シリーズはアルミとステンレスともにApple Watch Series 2としてまとめられた。

2016年9月7日に発表されたApple Watch Edition。ゴールドモデルに変わり、セラミック製の真っ白な時計として登場した

 Apple Watch Series 2の強化ポイントは、デュアルコアとGPUを搭載したS2プロセッサ搭載、GPS搭載、スイミングに対応する50m防水だ。特にデザイン面での変更はないが、より多くのバッテリーを搭載したことから、重量は増加している。

 特にGPSと防水機能は、スポーツ機能の強化となり、ウェアラブルデバイス市場を支配するFitbitをはじめとするアクティビティートラッカーを強く意識したものだ。

コラボレーションによるスポーツ機能の強化

 Apple Watchはこれまで、高級ファッションブランドHermesとコラボレーションを行ったモデルをリリースし、Hermesのレザーバンドも単体で発売してきた。Hermesモデルには専用の文字盤と刻印がセットされ、Hermes直営店での取り扱いもあった。

Apple Watch Hermesも、Series 2バージョンとしてリニューアルされた。新しいバンドが追加されている

 こうしたコラボレーションの第2の相手がNikeであったことは、前述の「アクティビティートラッカー対策の強化」を強く意識させるものだ。

 Nikeモデルには、4色の専用デザインとなるバンドが組み合わされる。とくに蛍光イエローを用いたデザインは、Nikeモデルらしさをアピールする。加えて、専用デザインの文字盤も、このイエローがテーマカラーとなる。

 ソフトウェア面では、Nikeモデルで「ランニングを開始」というと、watchOSではなくNikeアプリでのランニング計測がスタートする仕組みとなっている。Apple Watchのみでランニングに出掛けても、GPSでの計測によって、正確な距離とルートを記録できる。

Apple Watch Nike+。専用のバンドと文字盤がセットされ、Series 2の仕様であるGPS機能を生かしたランニング計測を行うことができる
発表時には、Nike Brandのプレジデント、Trevor Edwards氏が登壇した

 また防水機能に合わせて、watchOS 3では、スイミング計測機能も用意された。室内プールでは、壁で反転したことを認識して、ラップ数と距離を計測できる。腕の動きから泳法を検出し、カロリー計算も可能となった。

 アクティビティートラッカーを意識せざるを得ないのは、やはりFitbitの存在感の強さだ。シンプルで価格の安いアクティビティートラッカー分野は、Misfitもデザイン面で支持を集めており、新興メーカーの参入もしやすい状態だ。

 これらはディスプレイをデバイスに持たないため、スマートフォンのアプリや、Webでの情報表示や記録管理を行うことになるが、バッテリーがより長く持つ点や、既存の時計との共存など、デバイスとしてのメリットも多数残されている。

 毎晩充電することが前提のApple Watchがカバーできないのが、睡眠計測だ。アクティビティートラッカーはこの分野を広くカバーしてきた。

 Appleもこの分野に興味があることは、iOSのヘルスケアアプリからも明らかだが、今後どのように取り込んでいくのか注目している。

販売台数に急ブレーキがかかった2016年第3四半期

 さて、Apple Watchはスマートウォッチ市場をけん引する存在であった。しかし2016年第3四半期(7月〜9月期)は、その販売台数が急減している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!