コラム
» 2017年01月16日 06時00分 UPDATE

なぜか調子が上がらない「正月病」のときに試したい3つの対処法

新年がスタートして、気分が落ち込む、仕事に意欲がわかないなどの不調が起こっている場合、正月病かもしれません。原因と対処法をメンタルヘルスカウンセラーに伺いました。

[石原亜香利,ITmedia]

 年末年始の休み期間が終わり、いよいよ新年の仕事が始まってしばらくたった今、心身の不調を感じている人もいるのではないでしょうか。

 正月はゆっくり休養できたものの、まだお休みモードから抜け出せないといったケースはよくあることです。しかし、いつもとは異なる不調が起こっている場合、いわゆる「正月病」と呼ばれる症状が出ているかもしれません。そこで、正月病の原因や症状、対処法をメンタルヘルスカウンセラーに伺いました。

取材協力:やなぎあこさん

カウンセリングサービス所属プロカウンセラー。微細な感覚での理解を得意とし、気付かれにくい個的な感情・感覚に焦点をあてつつ、心の葛藤を緩和するカウンセリングを行う。理論と情緒の両面を併せ持ったブログも人気。


正月病とは?

 「もしかしたら自分も正月病かもしれない」と感じている人は、正月病について知っておきましょう。メンタルヘルスカウンセラーのやなぎあこさんは、正月病の原因や症状について次のように説明してくれました。

 「『正月病』は、正月の特別なのんびりムードから、仕事始めの通常モードに切り替わったときに表れる、心や身体の不調を指すようです。

 落ち込んだり、倦怠感が抜けなかったり、風邪をひいてしまったり。お正月は普段の休日とは違い、社会全体が休んでいる印象もあり、いつもの休みよりも、休むことに罪悪を感じず、自分自身に対しても休養の許可を出しやすい状況です。

 正月休みに入ると、仕事モードの交感神経から、リラックスモードの副交感神経に変わり、心身共に休養できます。しかし一方で、気付きにくい疲れや葛藤が表面化しやすいのも事実です。

 お正月の休養で処理しきれないほど、日ごろの疲れがたまっていたり、心を抑圧しながら生活したりしていた場合、お正月が明けても“まだ休んでいたい”心が通常モードに切り替わるのを嫌う可能性があります」

正月病を解消するための3つの対処法

 もしこうした心身の不調を感じており、正月病の疑いがある場合、どのような対処法があるのでしょうか。やなぎさんに3つの方法を伺いました。

1. いきなりフルで行わず、ゆっくりと通常モードに切り替える

 「気合で乗り切るのではなく、不調の自覚をして自分を労わることが大切です。まずは、いきなりフルスロットルで仕事せずに、心を慣らす“暖機運転”(※)の時期を持ちましょう。気持ちの面はもちろん、仕事量を調整して早めに帰宅するなどの工夫を。そして、ゆっくりと通常モードに切り替えていくといいですね」

※暖機運転:自動車などのエンジン始動後、一定時間だけ低負荷で運転させてエンジンなどを温め、本来の性能を発揮できるようにすること。

2. 身体を温める

 「寒い時期ですから、暖かくしましょう。災害等でショックを受けた心の急性期には、毛布にくるまるのが有効といわれるくらいです。物理的に身体を温めてみてください」

3. 不調について誰かに話を聞いてもらう

 「誰かと話をしてみましょう。話を聞いてもらうと、心が他者とのつながりを感じたり、自分を肯定できたりして安心します。特に、弱音を吐けるといいですね。不調を1人で乗り切ろうとしないのがコツです」

 「正月病かな?」と思ったら、ぜひこの3つを意識して実践してみてはいかがでしょうか。もし心身の不調が大きいようであれば、症状に応じて医療機関を利用することも考えてみてください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.