コラム
» 2017年01月25日 06時00分 UPDATE

コンビニで買える「むくみケア」に使えるヘルシーフードとは?

朝起きたら顔や手足のむくみが気になるという場合、何が原因なのでしょうか。その対処法として摂るといい食べ物や飲み物を管理栄養士に聞きました。

[石原亜香利,ITmedia]

 「むくみ」といえば、顔や手の指、ふくらはぎなど、あらゆるところで気になるものです。しかし簡単には取れない場合もあり、悩まされている人も多いのではないでしょうか。

 今回は、食べ物でむくみを解消する場合にどんなものを摂るとよいのかを管理栄養士に聞いてみました。中でもコンビニで買えるものをピックアップしてご紹介します。

取材協力:鶴田真子(つるたまさこ)さん

管理栄養士、健康運動指導士。

企業や行政での特定保健指導のほか、専門外来での食事や運動のコーチングも行っている。

所属する日本ニュートリマイスター協会では、セミナーやテキスト講座を通じ、予防医学の普及に努める。

http://nutri-meister.com/


むくみ解消に役立つ栄養素

 管理栄養士の鶴田真子さんによれば、むくみ解消には次のような栄養素が役に立つといいます。

 「むくみと一言で言っても、症状はさまざまです。今回ご紹介するのは、一時的なむくみについての対応例です。慢性的なものについては、腎疾患や心疾患などの深刻な病気の疑いもありますので注意してください」

カリウム

 「むくみ解消に役立つ栄養素はカリウムです。カリウムは、むくみの原因である余分な水分と塩分を体外に排出してくれる働きがあります。カリウムを多く含む食べ物は、野菜や果物、芋類、豆・大豆製品などです」

<カリウムを多く含む食べ物の例>

 ほうれん草、なす、水菜、アボカドなどの生野菜、さといも、バナナ、レーズンやプルーンなどのドライフルーツ、大豆など

カフェイン

 「余分な水分を体外に出すという点では、利尿効果が期待できる成分、カフェインが含まれる飲み物もよいでしょう」

<カフェインを多く含む飲み物>

 緑茶、コーヒー、紅茶など

むくみを予防するには?

 では、むくみを普段から予防するためには、どのような食べ物を摂取するのを心掛ければいいのでしょうか。

 「むくみを予防するためには、体内のナトリウムとカリウムのバランスを一定に保つことが大切です。食べるものはもちろんですが、嗜好を改善することがむくみ予防に役立ちます。

 日ごろから濃い味が好きで、ドレッシングやしょうゆ、ソースなどはたっぷりかける、外食が多いという方は、塩分を控える工夫をしましょう。

 『塩分控えめ』『減塩』『食塩不使用』などの商品も多くありますので活用してもよいですし、ハーブや香辛料を使った料理や、レモンや酢など酸味をきかせ減塩するなどの工夫が予防につながります。あわせて、先に紹介したカリウムを多く含む食品も忘れずに摂取しましょう」

コンビニで買えるむくみ解消&予防に役立つフード

 最後に、むくみ解消と予防に役立つ食べ物のうち、コンビニエンスストアでよく扱われているものをピックアップしてみました。

  • 生野菜のパックサラダ(トマト、レタス、ブロッコリー、ほうれん草、アボカドなど。ドレッシングは塩分少なめを選ぶ)
  • 生野菜がたっぷり入ったサンドイッチ
  • バナナ
  • 大豆や納豆を使ったもの(おにぎりや総菜など)
  • 食塩不使用の野菜ジュース
  • ドライフルーツ全般(レーズン、プルーン、干し柿、いちじく、アンズなど)
  • ペットボトルや缶、コンビニカフェなどの緑茶、コーヒー、紅茶

 むくみが気になるときにはぜひこれらをヒントに選んでみてください。今回紹介した予防&対処法で、むくみ知らずの毎日を目指しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!