コラム
» 2017年03月02日 06時00分 UPDATE

ダイエットカレーに! ご飯の代わりに使える食材4選

カレーライスのライスの代わりにある食材を使い、ヘルシーにカレーを食べる方法を管理栄養士に聞きました。

[石原亜香利,ITmedia]

 白いご飯をたくさん食べてしまうカレーは、糖質オフダイエットの大敵。けれど、カレー好きにとってはずっと食べられないのは耐え難いものです。そこで、ご飯の代わりに糖質の少ないものを使って、ダイエット中の息抜きとする方法があります。代用できる食材4つと調理法を管理栄養士の方に伺いました。

取材協力:管理栄養士 高杉保美さん

元プライベートジムRIZAPのチーフカウンセラーとして、2000人以上のカウンセリング、栄養指導を実施。「ダイエット」「脳活性」「アンチエイジング」を専門にセミナー講師、個別指導をメインで活動中。


カレーのライス(米)の代わりに使えるもの4選

 ご飯をただ減らすだけでなく、代わりにある食材を用いることで、カレーも糖質オフのダイエットフードに変わります。管理栄養士の高杉保美さんによれば、次の4つの食材がご飯の代わりにおすすめだといいます。その調理法とともに見ていきましょう。

豆腐

 「ご飯の代わりとして使うには、木綿豆腐がおすすめです。豆腐をふきんなどに包んでレンジで1〜2分加熱した後、フォークでつぶし、フライパンでそのまま炒めると、簡単に『ソイライス』が完成します。豆腐はダイエット中に必要なタンパク質も補うことができるので、その意味でもおすすめです」

おから

 「おからのみだと、どうしてもパサつきがあるので、豆腐と組み合わせるのがおすすめです。おからには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の改善にも効果が期待でき、ダイエットにもいい影響が出るでしょう」

カリフラワー

 「そのままご飯の代わりにしてもおいしいですが、ゆでたカリフラワーをジップロックに入れ、つぶして使うとさらに主食っぽくなります。カリフラワーはビタミンCやカリウムが豊富に含まれており、美肌・むくみ予防などに良い食材です」

こんにゃく米

 「こんにゃく米とは、お米の形になっているこんにゃくのことです。少量のお米と混ぜるだけで、糖質が抑えられます。また、細かく刻んだ白滝(しらたき)でも代用できます」


 糖質を減らしたいダイエット中も、これらのご飯の代わり食材をうまく用いれば、カレーライスもおいしく食べられそうです。カレー好きの方は、ぜひ新しいお好みの味を見つけてみてください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!