活動量計パーフェクトガイド Runtastic

Runtastic関連記事

1万円以下で購入できるのが魅力の活動量系「Runtastic Orbit 01」。1週間試してみてわかった使用感からそのコストパフォーマンスを考えてみた。

(2015年10月24日)

腹筋、おしりと来て、次は足を中心とした下半身。ランタスティックから、部位に特化したトレーニングができるアプリの第3弾「Runtastic Leg Trainer」が登場しました。

(2015年5月29日)
夏休みまでに腹筋を割る:

普段はiOS版が600円、Android版が500円で販売されているRuntastic Six Packのフルバージョンが、5月24日だけ無料で販売されています。

(2015年5月24日)

エクササイズで重要なのは正しい姿勢で行なうこと。Apple Watchで動作を確認しつつ、腹筋運動に励みましょう!

(2015年5月9日)
やせる(?)アプリ、試します:

トレーニングアプリ「Runtastic」を4週間使い続けた。途中風邪を引いたし、クリスマスや正月といったイベントもあった。それでもかなり歩いたのに……残酷な腹が待っていた。

(2015年1月14日)
やせる(?)アプリ、試します:

トレーニングアプリ「Runtastic」を使い始めて3週目。PCサイトで情報が管理され、機能も充実しているという。サボり気味の筆者がデータを見て……役立つことはあるのか?

(2015年1月7日)
やせる(?)アプリ、試します:

世界的にもユーザーからの注目度が高いアプリ「Runtastic」。心拍数を測る新しいウェアとの連携も始まっている。今回はその「C3fit IN-pulse」のお話。

(2015年1月6日)
やせる(?)アプリ、試します:

運動好きにはたまらないアプリ「Runtastic」。そのドコモ版が始まった。運動をするとドコモポイントが貯まり、特殊なウェアも発売。運動嫌いのダイエットには有効なのか!?

(2014年12月25日)

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!