コラム
» 2015年07月10日 09時30分 UPDATE

iPhoneのホームボタンが反応しなくなったときにやるべきこと

iPhoneでほとんどの動作の起点となるホームボタンは、よく使うだけに故障もしやすい場所です。ホームボタンが反応しない、ときどきしか動かない、といった症状が現れたら、まずはこちらを確認し、早々に修理することをお勧めします。

[園部修,ITmedia]
iPhoneホームボタン

 iPhoneの大きな特徴の1つがホームボタンの存在です。物理的に押し込むことで電源オン、ホーム画面に戻るなどの動作ができ、対応機種によってはそのまま指紋を認識してロック解除もできる使いやすさ、分かりやすさは魅力です。

 とても便利なホームボタンだけに、突然動作しなくなってしまうと何かと不都合があります。iPhoneのホームボタンが反応しなくなったとき、行うべき対策をまとめました。

再起動する

 iPhoneのホームボタンが反応しなくなってしまう現象は、多くの場合ハードウェアの故障に起因しますが、アプリが固まっているだけの可能性もあるので、まずは電源を切ってみるといいでしょう。

 電源を切るには、電源ボタンを長押しし、画面に表示される「電源オフ」と書かれたスライダーを動かせばOK。電源が切れてしばらくしたら、再度電源ボタンを押してiPhoneを起動しましょう。

 ホームボタンの動作不良の原因がアプリだった場合は、これで直るはずです。

デコピン、無水アルコールなどは解決にならない

 ネット上には、ホームボタンの反応が悪くなったときの対策として、“デコピン”をしてボタンに入り込んだ粉状のゴミを落とすといいとか、無水アルコールを綿棒に染み込ませて掃除するといいといった方法をおすすめしているサイトもあります。

 ですが、ホームボタンの動作不良の主な原因はケーブルや内部の部品の劣化・切断がほとんど。一時的に使えるようになる可能性はありますが、根本的な解決にはなりません。特に無水アルコールでの清掃は手間やリスクの割に効果はほとんどないので、挑戦するのはやめておいた方がいいでしょう。

早々に修理するのが得策

 iPhoneを再起動しても問題が解決しない場合は、ハードウェアの故障が疑われますので、さっさと修理に出すのが得策です。Appleのサポートページから製品(iPhone)を選び、「サービスリクエストとトラブルシューティング」を開いて「ボタンが機能しない」に進むと、メールアドレスを入力する画面になります。これで届いたメールから、診断プログラムが実行できるので、問題を判定するのがいいでしょう。

 メールアドレスの入力画面で「いいえ。続ける。」を選んでも、修理方法が選べるので、ここで「配送修理」を選べば宅配便を利用した修理サービスが利用可能です。また「持ち込み修理」を選択すると、最寄りのアップルストアや正規サービスプロバイダが選べます。

 修理にかかる料金はWebサイトなどには明示されていませんが、Touch ID対応のホームボタンを搭載するiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusだと、ディスプレイユニットと一緒に交換する必要があるため、画面の修理とほぼ同様の、1万円台半ばの料金がかかります。

 非正規の修理業者を利用し、ホームボタンだけを交換すると、価格は安いですが、Touch IDが使えなくなる(その旨を明示している)ケースがほとんどなので、あまりお勧めはできません。

 Touch ID非対応の機種では、数千円で修理ができるので、まずはGenius Barやサポートセンターに問い合わせをして見るのがいいでしょう。

操作で困ったらAssistive Touchを

 根本的な解決にはなりませんが、修理までの間、ホームボタンが使えなくて困ったら、iOSに用意されている「Assistive Touch」という機能を利用することで、ホームボタンを使う操作が、タッチパネル上でできるようになります。

 Assistive Touchを起動するには、「設定」から「一般」にアクセスし、「アクセシビリティ」を開いて「Assistive Touch」をオンにします。すると、画面上に丸いボタンが常時表示されるようになるので、これを押すと、メニューを開いてホームボタンを押す操作ができるようになります。

 このAssistive Touch、案外片手操作にも便利なので、次の新モデルがでるまでこれで乗り切ることもできるかもしれません。


 何気なく使っているけれど、いざ使えなくなると大変不便なホームボタン。根本的な解決には修理が必須ですが、買い替えたりする必要はありませんので、まずはここに書いた手順をいろいろ検討してみてください。

関連キーワード

修理 | iPhone | 電源 | 画面 | Apple | 故障 | 原因 | 交換 | 再起動


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事