ニュース
» 2015年08月06日 20時20分 UPDATE

adidasグループ、フィットネスアプリベンチャーのruntasticを買収

世界的なスポーツ用品メーカーadidasグループが、多くの会員を集めるフィットネスアプリ開発のベンチャー、runtasticを約299億円で買収すると発表しました。

[園部修,ITmedia]

 ドイツのスポーツ用品メーカー、adidas(アディダス)グループが8月6日(現地時間)、オーストリアのフィットネスアプリを開発するベンチャー企業、runtasticを買収すると発表しました。買収金額は2億2000万ユーロ(約299億円)。

adidas and runtastic runtasticとadidas

 runtasticsといえば、スマートフォン向けにジョギングやサイクリングなど、用途に特化した計測アプリや、腹筋、懸垂、腕立て伏せなどのトレーニングをサポートするアプリ、睡眠計測アプリ、腹筋や大殿筋、脚部の筋肉を鍛えるアプリなど、スポーツ・フィットネス分野で多様なスマートフォンアプリケーションを展開するほか、体重計や活動量計などのデバイスも開発する企業。いち早くApple Watch対応アプリをリリースしたり、NTTドコモと提携して「Runtastic for docomo」を提供していたりするので、日本でも知名度は高い企業といえます。

 一方adidasは、こちらもスポーツ用品メーカーとして知らない人はいないくらいの存在。シューズやウェアの方がよく知られていますが、トレーニングやスポーツに活用するセンサー搭載デバイスも「miCoach」シリーズとして多数開発しています。例えばランナー向けにはGPSウォッチ「miCoach fit smart」や「miCoach smart run」、センサーを内蔵し、球速や回転数、ボールの軌跡、蹴ったときのポイントなどをアプリで確認できるサッカーボール「miCoach smart ball」、垂直ジャンプ力、瞬発力、運動強度、心拍数を計測できる「miCoach x_cell」、靴に取り付けてスピードや移動距離、ストライドレートを計測する「miCoach speed_cell」などをラインアップ。先行するイメージがあるNikeなどに勝るとも劣らない製品を擁しています。

 カテゴリーに特化した専門的なソフトウェアとサービス開発に強みを持つruntasticと、adidasのさまざまなハードウェア・サービスが連携すれば、互いの強みを強化できる可能性は高いと言えます。adidasもプレスリリースの中で「runtasticの速いペースとダイナミズム、高いエネルギーは、スポーツを感動的で、すべての人々の生活の一部にしていくというadidasグループおよびruntasticのビジョンの実現を加速する」と述べています。

 買収の成果が具体的な製品として現れてくるのにはまだ少し時間がかかるはずですが、adidasとruntasticの強みを合わせ持った製品の登場に期待が高まります。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事