ニュース
» 2015年11月11日 06時00分 UPDATE

気になるアレの販売ランキング:もちろん人気はあの製品 スマートウォッチの売れ筋を知る

ヘルスケアにまつわるいろいろな製品の売れ筋を、販売ランキングでひもときます。欲しいけど何を買ったらいいか分からない、というときに参考にしてみてください。

[板東太郎,ITmedia]

 ウェアラブルデバイスの中でも、近年注目を集めているのが、スマートフォンと連携するスマートウォッチです。Android Wearを搭載した腕時計型デバイスや「Apple Watch」は、スマートフォンをより便利に活用できるツールとして支持を集めています。

 特に腕時計型のデバイスは、活動量計などの機能を兼ねていたり、着信した電話やメールの確認ができたり、アプリをインストールして便利な機能を追加したりできる上、腕時計の代わりに日常的に着ける人も多いため、価格は安くありませんが、その認知度は徐々に上がっているようです。

Apple Watch

 そんなスマートウォッチの売れ筋はどのモデルなのか、マーケティング・リサーチ会社GfKの協力を得て調べてみました。

 やはり人気があるのは「Apple Watch」で、1位から3位をApple Watch SportとApple Watchが独占しています。次いで人気があるのがソニー製品で、「SmartBand Talk SWR30」「SmartWatch 3 SWR50」が4位と5位に入りました。2014年の11月に発売された製品ですが、直販価格でSmartBand Talk SWR30が1万7780円から、SmartWatch 3 SWR50が2万4880円から(いずれも税別)という手頃な価格であることもあってか、まだまだ売れています。

 7位の「Huawei Watch W1 Classic leather」と10位の「Huawei Watch W1 Classic Stainless」はファーウェイから10月に発売されたばかりの新製品です。円形のディスプレイを搭載した、腕時計っぽいデザインが特徴です。

 このランキングでちょっと気になるのが、8位のMyKronoz「ZeWatch2」。スイスのメーカーで、機能的には活動量計に近いものが中心の、知る人ぞ知る製品ですが、独特なデザインと、実売価格1万2500円前後(税込)という低価格でひそかな人気を集めているようです。

 Apple Watchの人気はやはり日本でも高いようですが、Android Wearも案外健闘しているようです。気になる人は、実際に店頭でデザインや使い心地を確かめてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事