連載
» 2016年02月11日 06時00分 UPDATE

星10点満点! 明治「ブルガリア濃くておいしいヨーグルト レアチーズ」をレビュー!

今回選んだのは明治の「ブルガリア濃くておいしいヨーグルト レアチーズ」(115円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは明治の「ブルガリア濃くておいしいヨーグルト レアチーズ」(115円/税込、店頭価格)だ。

tb_food_0801.jpg

オススメ度(10段階評価)

star10.jpg

ギリシャヨーグルトはもう古い 時代は“高密度”を生み出した!!

 日本国民よ、汝らのヨーグルトに異変が起きていることを感じ取っているか。きっかけはギリシャ危機である。あのあたりからギリシャヨーグルトの普及が一気に進んだ。そのモッタリ感については、もはや言うまでもないだろう。

 だが日本国民よ、既に“ただの”ギリシャヨーグルトなど古すぎて死語である。それはしょせん2015年の遺物。ギリシャヨーグルト厨などいたら、そいつは老害と言ってよい。滅せよ。

 時代は“高密度ギリシャヨーグルト”だ。そう「高密度」だ。あのモッタリがもはやモッタリではなくなった。高密度すぎて、スプーンにくっつくのである。傾けてもヨーグルトが落ちない。その証拠写真は下の通りだ。

 もう感触がヨーグルトではない。どんだけギッシリなんだ、と。スプーンをしっかり押さないとヨーグルトをえぐることすらできぬ。

 味についても、もはやレアチーズケーキのそれである。だが、ヨーグルトの乳酸な味もちゃんと残っている。このバランスをヨーグルト寄りではなく、チーズ寄りにしたことで、素晴らしい味に仕上がった。まさに筆者のようなチーズケーキファンにとって、脳髄が撃たれるほどの味といえる。

 無論、ヨーグルトの味からはかなり離れている。保守派には喜ばれまい。だが筆者のような進歩派、革新派はそういった味に柔軟に対応できる。これをヨーグルトと呼ばないのなら、新しいデザート、新ジャンルの形成と言っても良いだろう。われわれは受け入れる。あとは日本国民の判断だ。

tb_food_0802.jpg

公式情報

乳原料を高密度に仕込み、本場ブルガリアの乳酸菌で発酵させたレアチーズのぜいたくな味わいが楽しめるヨーグルト。濃厚なおいしさとなめらかな口どけが味わえ、食べきりサイズの健康的な本格デザートです。

栄養成分

熱量 125kcal
タンパク質 4.6g
脂質 7.4g
炭水化物 10.1g
ナトリウム 47mg
カルシウム 150mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう