コラム
» 2016年02月25日 06時00分 UPDATE

危険!健康診断を受けない人に見られる特徴とは?

健康診断、定期的に行っていますか? 健康診断や人間ドックを受けている人と受けていない人を比べてみるとある違いが分かってきました。

[石原亜香利,ITmedia]

 普段、勤め先で健康診断を受けている人も多いでしょう。しかし、何らかの理由で受けられなかったり、そもそも受ける機会がなかったりする人は、受けそびれてしまうこともあると思います。

 そこで今回データを調べてみたところ、健康診断を受けない人にはある傾向が見られることが分かりました。

健康診断 肥満

健康診断を受けていない人の割合は?

 厚生労働省が行った2014年の「国民健康・栄養調査の結果」によれば、過去1年健康診断を受けなかった人の割合は、男性27.8%、女性37.1%でした。1年のなかで女性が4割近くも健康診断を受けていないなんて驚きですね。

 特に未受診率が高かったのは女性30歳代で、46.7%でした。50%に届きそうな勢いですが、理由として「専業主婦で子育て中だとなかなか健診を受けるチャンスがない」ことが考えられます。

健康診断を受けていない人は肥満度、喫煙率などが高い傾向が

 同調査では、健康診断を受けていない人は受けている人と比べて、喫煙率運動習慣の割合肥満者の割合、この3点いずれも上回っている結果となりました。

 血圧の数値を見ても、健康診断を受けていない人は健康診断を受けている人よりも平均値が高くなる傾向があり、動脈硬化につながりやすい人が多いとのこと。

 健康診断の必要性を感じていなくても、自分の健康状況を把握し、専門医のアドバイスをもらうことは、病気の初期症状に気付き、健やかな生活を送るために必要です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう