コラム
» 2016年05月14日 06時00分 UPDATE

斬新すぎる! お菓子メーカーの面白レシピまとめ4選

お菓子メーカーの公式レシピには、斬新な料理が多く存在します。

[石原亜香利,ITmedia]

 昔から親しんできた、おなじみの市販菓子たち。各メーカーの公式サイトでは、それらの菓子をもっと楽しく味わうアレンジレシピが数多く紹介されています。

 中には、斬新すぎるレシピもあり、見ているだけで楽しめます。今回は、有名なお菓子メーカーの公式レシピで特に斬新で面白いメニューを4つ紹介します。

あの「おっとっと」が食べるラー油に

(画像は公式サイトより)

 森永製菓の公式サイトには、森永のお菓子やアイスを使ったアレンジレシピが豊富に掲載されています。

 オススメなのは、おっとっとを使った「食べるラー油レシピ」。おっとっととスライスにんにくを細かく砕いてフライパンで軽く揚げ、豆板醤、塩、砂糖、ごま油で味つけます。調味料として冷ややっこやサラダにかけたり、ご飯のお供に食べたりするとおいしそうです。

焼き肉のたれと相性抜群「カラムーチョごはん」

(画像は公式サイトより)

 湖池屋には激辛スナック菓子「カラムーチョ」の公式アレンジレシピがあります。カラムーチョの可能性について研究するという「カラムーチョ研Q所」では、カラムーチョをサラダやサンドイッチに入れてアレンジする試みもしています。

 中でも、ご飯にカラムーチョを混ぜ込んで、混ぜご飯風にする「カラムーチョごはん」は斬新です。焼き肉のたれを用いて、牛肉やニンジン、油揚げなどの具材と一緒にカラムーチョを混ぜて、炊き込みご飯にするというもの。仕上げにカラムーチョパウダーをかけて食べます。

クリームが隠し味!

(画像は公式サイトより)

 グリコの「ビスコ」を使ったアレンジレシピ「マイルド・ビスコガノフ」では、ビスコのクリームを隠し味にしたポークストロガノフが斬新。牛乳と生クリームで仕上げており、ビスケット部分もルーの上に添えて食べます。

 ビスコに挟んであるクリームを利用するアイデアに驚きを隠せません。

凍らせて羊羹風にアレンジ

(画像は公式サイトより)

 同じくグリコには「プッチンプリン」のアレンジレシピも掲載されています。これは「Bigプッチプリン」を冷凍庫であらかじめ凍らせておき、凍ったら包丁でスライスして、まるで羊羹(ようかん)のようにいただくというもの。

 凍らせるだけの簡単レシピですが、羊羹という発想はなかなか思い付きません。

 いつものお菓子の味に飽きてしまったら、ぜひこれらのメニューを試してみましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう