レビュー
» 2016年06月05日 08時00分 UPDATE

その歩き方で大丈夫? 「ZIKTO Walk」で姿勢を正しく美しく! (1/2)

最近、身に着けている人をたまに見るようになった活動量計。そんな活動量計に、非常にユニークな製品が登場しました。なんと姿勢をチェックして、よりよくするためのアドバイスまでくれるのです。

[すずまり,ITmedia]

 これまでいくつもの活動量計を試してきましたが、ユニークな1品と出会いました。それは韓国のヘルスケア・スタートアップ、ZIKTOが発売する活動量計「ZIKTO Walk」です。いったいどんなところがユニークなのでしょうか(日本語化前のベータ版を使用しているため、アプリは実際の画面と異なる場合があります)。

ZIKTO Walk

歩き方を判定して随時警告、体形バランスも測定し改善動画を提供

 ZIKTO Walkが他の製品と大きく違うのは、後述する一般的な活動量の測定に加えて、歩行姿勢の測定や、体形バランスの分析までできるという点です。

ZIKTO Walk 自分がどんな歩き方をしているかが分かります
ZIKTO Walk 歩行姿勢の測定機能も備えています

 今、活動量計は大きく分けて、フィットネス系と生活習慣改善系の2種類があります。

 フィットネス系は、今よりもっと運動しようと考えるアクティブな層向けです。運動を自動的に判定して記録でき、ウォーキングやランニング、エクササイズなど、各種スポーツのメニューが豊富です。最近のトレンドとしては、心拍センサーを搭載したモデルや、さらに一歩進むとGPS内蔵という製品もあります。

 生活習慣改善系は、自分の生活習慣を記録することで、健康意識を高める目的で使われます。普段自分がどれくらい歩いているのか、どれくらいのカロリーを消費しているのか。睡眠時間は足りているのか、しっかり眠れているのか、食事の時間は適切だろうか・・・・・・。そんな自分の生活実態を可視化することで、健康的な生活のためにどうしらいいかを考え、改善させようというわけです。

 ZIKTO Walkは、歩き方と姿勢にフォーカスしました。「正しい歩き方と姿勢による、バランスのとれた体が大事」として、生活習慣の可視化に加え、体形バランスを整え、姿勢正しく歩くことで健康を維持しようと働きかけます。

ZIKTO Walk 自分の歩き方は何点!?

 そのため、ZIKTO Walkを手首に巻いて歩いていると、今歩きスマホの姿勢になっている、猫背である、歩くのが遅すぎる、足を引きずっていなど、振動とディスプレイ上のメッセージとで警告してきます。

 歩き方はアルファベットの2文字と数字という組み合わせで、スマホを見ているときの歩き方は「PH」、猫背のときは 「MU」、足を引く歩き方は「DR」、遅い歩き方は「SL」となっています。アプリ内では、歩数などの活動量と並んで、どんな歩き方が何回検出されたかが確認できます。

 さらに「歩き方分析」や「ボディーバランス」といった項目も見られ、ボディーバランスでは、ZIKTO Walkを使った体形バランス判定と、バランスを整えるために効果的なエクササイズが3種類、実際に見ながら実践できる動画付きで紹介されています。

 ただ歩くだけではだめ。姿勢よくきちんと歩きましょう。体のバランスが悪い人は、エクササイズで矯正しましょう。そんな風に具体的な改善対策込みの製品というわけです。

最近流行の細めのバンド

ZIKTO Walk ZIKTO Walk

 ZIKTO Walkの本体はとてもスリムな活動量計です。サイズは幅13.58×長さ47.33×厚さ11.05mm。心拍センサーは内蔵されていないのですが、スリムなので腕時計との重ね付けも問題ありません。バンドの長さは2サイズ用意されており、Sサイズは手首周り120〜165mm、Lサイズは150〜210mmまで対応します。

ZIKTO Walk 装着していても負担を感じにくい軽さとサイズ。バンドが細いのでムレにくいところもありがたいです

 手首に巻いておくと、歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠サイクルを自動で記録します。着信やメッセージの通知機能も備えています。表面に開いた119個の穴が、LEDによって光る「ファントムLEDディスプレイ」を搭載しており、本体の左側面にあるボタンを1回押すごとに時間、歩数、ウォーキングスコア、電話やメッセージの有無を表示することができます。

ZIKTO Walk ディスプレイは見やすさを考慮してやや斜めに
ZIKTO Walk 側面にボタンが1つ
ZIKTO Walk ファントムLEDディスプレイ
ZIKTO Walk センサー部分
ZIKTO Walk 内容までは分かりませんが、メッセージを受信すると振動とアニメーションで通知します。ただし、表示時間は非常に短いです

 バッテリーは専用のクレードルを使ったUSB充電で、フル充電で約3〜5日間は利用できます。本体は日常生活防水で、スマートフォンとはBluetoothで接続し、専用アプリで測定データを管理できます。

 交換バンドも豊富に用意されており、まるでアクセサリーのようなバンドも。気分やファッションに合わせて付け替えることができます。

ZIKTO Walk 充電用のクレードル
ZIKTO Walk 中にZIKUTO Walkをセットして充電します
ZIKTO Walk バンドははずせます
ZIKTO Walk 交換バンドの1つ。パンクなデザインです
ZIKTO Walk 手首を返すと時間を表示できるので、腕時計としても使えます
ZIKTO Walk サイドボタンを1回押すと時間を表示
ZIKTO Walk サイドボタンを2回押すと歩数を表示
ZIKTO Walk サイドボタンを3回押すとウォーキングスコアを表示
ZIKTO Walk サイドボタンを4回押すと電話の着信件数を表示
ZIKTO Walk 4回と押すとメッセージの件数を表示
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.