ニュース
» 2016年06月27日 15時30分 UPDATE

ものづくり支援プラットフォーム「+Style」に犬型ロボットや宙に浮くスピーカーなど10製品を追加

ソフトバンクは6月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)商品のものづくりを支援するプラットフォーム「+Style」(プラススタイル)に、新たに10製品を追加した。7月末までに順次プロジェクトを掲載する。その内、発表会で登場した9製品を以下で紹介する。

[井上輝一,ITmedia]

 ソフトバンクは6月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)商品のものづくりを支援するプラットフォーム「+Style」(プラススタイル)に、新たに10製品を追加した。7月末までに順次プロジェクトを掲載する。その内、発表会で登場した9製品を以下で紹介する。

犬型ロボット「MeetCHiP」

犬型ロボット「MeetCHiP」 犬型ロボット「MeetCHiP」

 MeetCHiP(ミートチップ)はWowWeeが開発したファミリー向けの犬型ロボット。室内の壁や椅子などの障害物を認識して避けつつ、ユーザーが身につけた専用のスマートバンドを認識して追従する。いくつかの音声やジェスチャーを認識し、呼びかけに応じてダンス、ヨガなどが可能。専用のボールを投げることでミートチップとのボール遊びもできる。また、バッテリー残量が低下すると自動でクレードルに戻り充電するため、バッテリー切れの心配はないとうたう。7月中旬に+Styleで台数限定先行予約を開始し、価格は2万9800円を予定している。

電動スケートボード「E-GO2」

電動スケートボード「E-GO2」 電動スケートボード「E-GO2」

 E-GO2(イーゴーツー)はYuneec製の電動式のスケートボードで、一度の充電で4時間、最大で30km走行する。速度は最大20km/h。手元のリモコンで前進、体重をボードの左右に移動することで左右に方向転換する。スマートフォンのアプリでも操作が可能。カラーラインアップはピンク、グリーン、ネイビーの3色となる。なお、日本においては公道を走ることはできないため、私道などでの用途に限られる。重量は6.3kgで、サイズは全長が909.93cm、幅が284.94cmとなる。

円盤が宙に浮くワイヤレススピーカー「Mars」

円盤が宙に浮くワイヤレススピーカー「Mars」 円盤が宙に浮くワイヤレススピーカー「Mars」

 Mars(マース)は、オーディオ周辺機器を手掛けるcrazybaby製の、Bluetoothでスマートフォンと接続するワイヤレススピーカー。円筒型の本体上部に、円盤状のスピーカーが磁力により浮いているのが特徴で、本体側がウーファー、円盤側がフルレンジのスピーカーとなっている。Bluetoothの接続方式はapt-Xを採用し、高音質をうたう。本体と円盤は2.4GHzのWi-Fiで通信しており、円盤を本体から離し、鉄製の壁などに付けて使用することも可能。円盤、本体それぞれにバッテリーを内蔵し、円盤の連続使用時間は6時間、本体の連続使用時間は8時間だ。

ファッション性を兼ね備えたソーラーパネル付きバッグ「SOL BAG」

ファッション性を兼ね備えたソーラーパネル付きバッグ「SOL BAG」 ファッション性を兼ね備えたソーラーパネル付きバッグ「SOL BAG」

 SOL BAG(ソルバッグ)はSamsung C&T製のソーラーパネル付きバッグで、Samsung C&Tのファッションブランド「RAVENOVA」と、ウェアラブルプラットフォームブランド「the humanfit」のコラボレーションモデルとなる。太陽光がバッグに当たることで、バッグの中でUSBケーブルを接続したスマートフォンを充電できる。また、ソーラーパネルのない同じサイズのバッグも用意し、ファッション性を重視するという。ちなみに、RAVENOVAは+Styleで販売している「ZIKTO Walk」をZIKTOと共同開発している。

好きな色をピックアップして持ち運べるライト「COLOR UP」

好きな色をピックアップして持ち運べるライト「COLOR UP」好きな色をピックアップして持ち運べるライト「COLOR UP」 好きな色をピックアップして持ち運べるライト「COLOR UP」

 COLOR UP(カラーアップ)はPegatron製のカラーライト。底部のセンサーを色のついたものに置くと、その色を認識し、ライトの色に反映する。バッテリーを内蔵し、4〜6時間の点灯が可能。明るさは62lm(ルーメン)。教育用途や、娯楽、装飾用途を想定している。

調理温度をスマートフォンで管理できる「Bluetooth Cooking Thermometer」

調理温度をスマートフォンで管理できる「Bluetooth Cooking Thermometer」 調理温度をスマートフォンで管理できる「Bluetooth Cooking Thermometer」

 Bluetooth Cooking Thermometer(ブルートゥース クッキング サーモメーター)はElectronics Tomorrow製の温度計で、調理中の鍋の中の温度などを計測できる。プローブが2本あるため、スープと揚げ物など、一度に2種類の料理の温度測定が可能。計測した温度はBluetoothによりスマートフォンへ送信される。

単四電池で2年間稼働するBluetooth温度湿度計「Remote Thermo - Hygrometer」

単四電池で2年間稼働するBluetooth温度湿度計「Remote Thermo - Hygrometer」 単四電池で2年間稼働するBluetooth温度湿度計「Remote Thermo - Hygrometer」

 Remote Thermo - Hygrometer(リモート サーモ ハイグロメーター)は、同じくElectronics Tomorrow製の温度湿度計。単四電池で2年間稼働するため、押し入れや倉庫、ワインセラーなど、室内の温度や湿度を知りたい場所に置くことで、いつでもスマートフォンで状況を知ることができる。また、カビやダニ、あるいは熱中症やインフルエンザなどが発生しやすい温度、湿度になった場合にはスマートフォンに警告を送信する。

水分補給のタイミングを知らせる「Ulla」

水分補給のタイミングを知らせる「Ulla」水分補給のタイミングを知らせる「Ulla」 水分補給のタイミングを知らせる「Ulla」

 Ulla(ウーラ)は、ブルー・グリーン・グループが販売する水分補給デバイス。グラスやペットボトルなどに装着するだけで、水分補給の必要なタイミングに光ってユーザーに通知する。ボタンやスイッチ、設定などは一切なく、リマインドのみに特化したシンプルさを売りとする。

妊婦と胎児の心音を計測する「Skeeper Mama」

妊婦と胎児の心音を計測する「Skeeper Mama」 妊婦と胎児の心音を計測する「Skeeper Mama」

 Skeeper Mamaは、Smart sound製の妊婦向けヘルスケアデバイス。妊婦の胸に当てることで心音を測定し、妊婦の健康状態やストレスをモニタリングできる。また、妊娠30週移行は胎児の健康もチェック可能という。得られた心音データから、食事のアドバイスや運動の提案をスマートフォンのアプリを通して行う。また、心音と音楽をミックスすることで新生児に最適な子守歌を作成できる。+Styleでの販売時期は7月下旬、価格は1万6000円を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう