ニュース
» 2017年03月02日 12時21分 UPDATE

1万人に聞いた「残業する理由」、1位は「残業代がほしいから」

[ITmedia]

 エンジニア情報サイト「fabcross for エンジニア」は3月2日、会社員・公務員1万145人を対象にした「残業に関するアンケート」の調査結果を発表した。調査期間は2017年1月12〜19日。

 調査によると、「残業する主な要因」として最も多かった回答は「残業費をもらって生活費を増やしたいから」で、「非常に当てはまる」「やや当てはまる」の合計が34.6%だった。次いで「担当業務でより多くの成果を出したいから」(29.2%)、「上司からの指示」(28.9%)、「自分の能力不足によるもの」(28.9%)という結果になった。

残業する主な要因

 平均的な1カ月の残業時間を尋ねた質問では、平均値は18.3時間、中央値は10時間で、0時間と答えた人も21.3%いた。その一方で、1カ月の残業時間の上限となる45時間以上の残業をしていると答えた人も10.9%おり、100時間以上の超長時間残業をしているという人も全体の2.1%いた。

平均的な1カ月の残業時間

 「理想的な残業時間」については、残業ゼロと答えた人が31.8%で、10時間以内という回答は65.5%、30時間以内が93.8%だった。「多すぎると感じる残業時間」は平均値が36.5時間で、中央値は30時間だった。

理想的な残業時間
多すぎると感じる残業時間

 「日本は残業が多過ぎるか」という問いには77.9%が賛成する一方で、「社会人として成長するためには、残業が必要なときもある」という考えにも52.5%が賛成している。また、「自分の勤めている企業・団体で残業を減らすのは無理だと思う」という考えには賛成が45.9%、反対が20.5%と、長時間労働を認識しながらも、問題の解消は容易ではないという考えが多くを占めるようだ。

残業に対する考え方

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmediaヘルスケア 更新終了のお知らせ

いつも「ITmediaヘルスケア」をご愛読いただき誠にありがとうございます。
ITmediaヘルスケアは2017年3月をもって更新を終了いたしました。
過去に掲載したコンテンツは引き続きご覧いただけます。