遺伝子検査で未来の病気を防げるか

有名なハリウッド女優が遺伝子検査をもとに乳房を切除したニュースは、多くの人に衝撃を与えました。「自分も遺伝子検査で病気のリスク低減を」と考える人も多いでしょう。しかし、本当に遺伝子検査の活用によって将来の病気を防ぐことができるのでしょうか。

「病気になる前にそれを封じる具体的なアクションを起こす」。アンジェリーナ・ジョリーが実行した乳房切除は、まさに究極の予防でした。しかし同じような考え方が、日本で通用するのでしょうか。

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

先ごろ、離婚した俳優夫婦が長男のDNA鑑定をめぐって出生騒動を起こしたことは、記憶に新しいでしょう。父親は「裏切られた」と激怒。このDNA鑑定もまた、遺伝子を活用してできることの1つです。

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

もしあなたやあなたの大切な人が「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」(HBOC)と診断された場合、乳房温存手術か全摘出手術か、どちらを選びますか? 「乳房は残したい」と思うか、発症のリスクを避けるか、とても難しい選択です。

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

アンジェリーナ・ジョリーのように、遺伝子検査によって未来の病気を防ぐのは、日本国内ではまだ難しいかもしれません。なぜなら、日本とは違う、米国特有の医療の現状がそこには存在しているからです。

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

アンジェリーナ・ジョリーの例を知って、「じゃあ私も」とか、「将来に備えて自分の奥さんにも」と思われた方。普通に自宅でできる遺伝子検査を行っても、このような判断はできないということをご存じでしょうか?

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査を受け、がん予防のために両乳房を切除しました。乳がんや卵巣がんの約10%は遺伝性のがんといわれおり、リスク保因者は高い確率で病気を発症することが分かっています。

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

最近手軽にあつかえる遺伝子検査キットが出回るようになり、「遺伝子」という言葉をよく目にします。この遺伝子やDNAとは一体何でしょうか? 遺伝子を調べるとは一体どういうことなのでしょうか?

【Navigene編集部(エス・エム・エス) , ITmedia】()

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!