ニュース
» 2015年04月10日 15時27分 UPDATE

「Apple Watch」の試着って何をするの? 流れを写真で解説

アップルストア表参道で、Apple Watchの試着をしてきたので、どんな流れで体験できるのかご紹介しましょう。

[園部修,ITmedia]
Apple Watch試着 Apple Watchの試着スペース

 4月10日から、各所でApple Watchの試着と予約受け付けが始まりました。直営のアップルストア各店では、基本的に試着ができるのみで、予約はすべてオンラインで行う方式を採用しています。店頭では、あくまでも使用感の確認やフィッティングを行うことを目的にしていくといいでしょう。

 試着のためにアップルストア店頭を訪れている人はまだそれほど多くないようで、基本的には事前に希望の時間に予約を入れてアップルストアに赴くのがいいのですが、4月10日の午前中は予約をしていなくても空いているタイミングで試着ができる状態でした。

試着の前にまず「お気に入り」登録

 さて、実際に試着のプロセスを紹介しましょう。試着をするときには、準備をしてから行くのがお勧めです。オンラインのApple Storeか、iOSアプリの「Apple Store」からApple Watchを選んで、興味があるモデルいくつかにハートマークを付け「お気に入り」に登録しておくと、試着がスタートするタイミングで店頭のスタッフはその情報を元に試着するApple Watchモデルを出してくれます。

 試したいモデルがいくつかある場合は、例えば「42mmのシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド」「42mmのステンレススチールケースとミラネーゼループ」「38mmのステンレススチールケースとミッドナイトブルーモダンバックル」など、複数登録しておくのがいいでしょう。

Apple Watchのお気に入り登録Apple Watchのお気に入り登録 Apple StoreアプリやオンラインのApple Storeで、事前に気になるモデルをお気に入りに登録しておくと、試着時にすぐにそのモデルを出してもらえます

 お気に入り登録をしていない場合でも、その場で口頭で希望を伝えればOKです。

試着は専用テーブルの上で 所要時間は15分程度

 予約の時間に店頭に行くと、専門スタッフがいるテーブルに通されます。アップルストア表参道の場合は、正面の入り口から入ると中央の階段の左右がApple Watchのスペースになっています。奥側の2つのテーブルと、一番奥のカウンターの部分が試着用に確保されていました。

 ここには少し大きめの紺色のマットと、iPadとApple Watchが埋め込まれたような専用の体験キットのようなツールが用意されています。試着するApple Watchは電源が入っていない状態で、あくまでも腕に付けたときの雰囲気や印象を試す形になります。

 さて、試着の際は、ユーザーが希望する2〜3本のApple Watchを、スタッフがテーブルの下から取り出し、ユーザーの腕に付けてくれます。さまざまなバンドがあり、付け方や外し方が違うため、まずはスタッフに任せて腕に付けてみましょう。試着するApple Watchの本数の制限はありませんが、あまりたくさんあっても比べられないので、まずは2つか3つがほどよいと思います。

Apple Watch試着 まずはスタッフの方に腕に付けてもらいます。付け方などもその際に教わります
Apple Watch試着 バンドごとに付け方や外し方が違うので、説明を聞いてからいろいろ試してみましょう
Apple Watch試着 Apple WatchとApple Watch Sportは、試着用の机の引き出しに格納されています。ここは電子的にロックされていて、スタッフが自分のiPhoneをかざすと開けられるようになっています。ちなみにEditionはここにはなく、別のケースに入った状態で持ってきてもらうようです
Apple Watch試着 Apple Watchの試着は、気になるモデルをいくつかマットの上に並べた状態で行います

 バンドを交換してもらったり、バンドのサイズを調整してもらったりといった作業も、リクエストすればすべて対応してもらえます。特にモダンバックルはサイズが3種類あったりするので、試着してちょうどいいサイズの目星を付けておくと注文の際に悩まずにすみます。

 ステンレス製のリンクブレスレットの場合は、その場でコマを詰める作業をしてくれます。Apple Watchは1つ1つのパーツを簡単に外せるので、リンクブレスレットの長さの調整もそれほど時間を要しません。

 お気に入りに登録していなかったものでも、気になるものがあれば試着させてもらえます。事前に考えていたのとは違うモデルが気に入るといったこともあるかもしれません。

Apple Watch試着 バンドを付け替えたり、別のサイズを試したり自由にできます
Apple Watch試着 サイズ違いを2つ並べて比べたりもできます

 リクエストを伝え、スタッフが取り出してくれたApple Watchをあれこれ付け替えながら、気になるポイントなどを質問して、購入するモデルを絞り込む。この一連の流れが、だいたい12〜3分くらいです。アップルストア店頭でも、おおよそ15分を目安にしているとのことでしたが、15分経過したからといって、時間制限があるわけではなく、納得がいくまで質問はできるようです。

 ちなみに、Apple Watchの実際の動作を確認したい場合は、体験キットを使います。体験キットは、白い箱の中にiPadとAoole Watchが埋め込まれたようなものになっていて、Apple Watchの操作に合わせて、左側のディスプレイの画面の説明が切り替わります。この体験キットは、試着の予約をしていなくても空いているものがあれば触れるので、店頭で見てみるときはこれを探すといいでしょう。

Apple Watch試着 Apple Watchの実際の動作は専用のキットを利用して体験できます

気に入ったモデルがあればスタッフに伝える

 予約をしていた場合は、あれこれ試着した後は、どれが気に入ったかスタッフに伝えると、自分が選んだモデルを、Apple IDの登録アドレスに送ってくれます。試着した結果どれがよかったのか、万が一忘れてしまったとしても安心です。このメールを受信していれば、予約時のモデル選択もスムーズにできるとのことでした。

 試着の流れはざっとこんな感じです。ぜひその質感や雰囲気、重さなどをしっかり体験してみて下さい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事