コラム
» 2015年06月07日 06時00分 UPDATE

寒暖差アレルギーの原因とその対策

寒暖差アレルギーとは何か? 原因と対策について紹介しましょう。

[ITmedia]

 風邪をひいたわけでもなく、花粉症でもないのに鼻水が出る、くしゃみが出る、といった場合、もしかしたらそれは寒暖差アレルギーかもしれません。部屋から外に出たとき、または外から部屋に入った時に症状が出るようであれば、その可能性が高いです。では、そもそも寒暖差アレルギーとは何なのか? 原因と対策について紹介しましょう。

寒暖差アレルギーの原因とその対策

寒暖差アレルギーとは?

 寒暖差アレルギーとは文字通り、温度差によってくしゃみや鼻づまり、倦怠感などの体調不良を引き起こすものです。仕組みとしては、大きな温度差が鼻の奥に影響し、血管の太さを変えてしまうことで鼻水やくしゃみなどを引き起こします。

 症状はそればかりではなく、食欲不振や疲れやすい、不眠、さらにはイライラするといった精神的症状を起こすこともあります。症状が似ているだけに、よく花粉症と間違われやすいのですが、目の炎症がなければ寒暖差アレルギーの可能性が高いでしょう。また、鼻水が透明の場合は、風邪ではなく、アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーの原因は?

 原因は大きな温度差によるものですが、寒暖差アレルギーになりやすい人、というものがあります。それは自律神経のバランスが崩れやすい人です。

 自律神経には暑い時には熱を発散し、寒い時には体温を保持するという役割がありますが、それに対応できるのは7度の気温差までといわれています。それ以上、気温に差が出た場合、自律神経のバランスが乱れていることで寒暖差アレルギーを引き起こすのです。

 特に運動不足の成人女性があてはまるようなので、心当たりのある人は注意しましょう。

体を冷やさず自律神経を安定させる

 寒暖差アレルギー対策としては、温度差があっても自律神経がスムーズに働く体を作ることです。

 そのためには、適度な運動が必要です。寒暖差アレルギーになりやすいのは女性と先ほど書きましたが、理由は一般的に男性と比べて筋肉量が少ないからです。適度に運動をする習慣を取り入れて、必要な筋肉をつけるといいでしょう。

 冷え性の改善も大切です。冷たいものばかりを飲んだり食べたりせずに、体を温めるショウガやニンニクを積極的に摂ること。ハーブティーなどもオススメです。また、シャワーだけですまさずに、お風呂に入ったら湯船につかることも必要。お風呂にゆっくりと入ることで、自律神経の機能が高まるといわれています。

 鼻みずだけでもつらい症状ですが、中には頭痛が起こり日常生活に支障が出ることもあります。もっとひどくなるとじんましんが出ることも。そうなる前に、運動や入浴をして血行をよくすること、筋肉をつけること、体を冷やさないことなどに注意し、自律神経を安定させるようにしましょう。

関連キーワード

紫外線 | 原因 | 選び方 | 美容 | おすすめ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事