コラム
» 2015年07月02日 06時15分 UPDATE

社会人たちが楽しんでいる「出張グルメ」って?

出張でも、せっかく遠くまで来たのだから現地をより楽しみたい。そんな社会人たちのひそかな楽しみ「出張グルメ」の条件やおすすめを紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 出張中、ちょっと時間が空いたから昼食でも食べておこうと思ったとき、コンビニ食やファストフードなどを適当に選んでしまっていませんか? 出張時の食事は特にスピーディにできるだけ安価に済ませたいのが常ですが、多くの社会人たちは出張先でも現地をたっぷり味わえるおいしい食事を満喫しています。今回は、そんな「出張グルメ」に迫ります。

社会人たちが楽しんでいる「出張グルメ」って?

「出張グルメ」が生まれた背景

 社会人が楽しむ「出張グルメ」はなぜ生まれたのでしょうか。出張といっても仕事なので、あまりぜいたくし過ぎるのは御法度。金銭的な制約だけでなく、時間の制約もある中、最近では駅の構内や空港内にも現地の味を楽しめる飲食店や駅弁が多数登場しているため、「出張メシ」を大いに楽しめるようになりました。もはやホテルにこもって高価な朝食に時間とお金を費やすのは、時代遅れなのかもしれません。

 このような出張時の仕事中や仕事前後でも、気軽に現地のおいしいメニューが食べられる機会が増えたことが「出張グルメ」という概念が生まれた大きな理由といえそうです。

 また、仕事中も出張グルメに舌鼓を打てば、現地を観光気分で楽しめることから、リフレッシュ効果も。時には、コンビニ食やファストフードではなく、ビジネスにも有効なパワーがつくものを食べたいというニーズもあるのかもしれません。

「出張グルメ」の条件とは?

 そんな出張グルメは、出張先のお店ならどこでもOKというわけではありません。その条件は、「駅近」「安価」「提供がスピーディ」「一人でも気軽に食べられる」という出張特有の要件を満たすものであることはもちろん、「現地でしか食べられない」「おいしい」「土産話になる」などのグルメ的な条件も伴います。

 よって、手ごろな価格で気軽に食べられる現地の伝統料理が入っている駅弁やB級グルメなどは出張グルメの代表といえるでしょう。例えば、仙台駅の牛タン弁当や、大阪のお好み焼きやたこ焼き、博多のとんこつラーメンなどがその好例です。

おすすめの健康を害さない「出張グルメ」

 「出張グルメ」を選ぶ際には、おいしい・レア感にプラスして、ぜひビジネスにも生活にも支障のでない「健康」をポイントに置いてみてはいかがでしょうか。

 例えば、現地の地場野菜の中でも、有機野菜を使った定食を提供するレストランや定食屋があれば要チェック。また、血中コレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化や脳卒中などを防いでくれるといわれる、良質な脂の乗った青魚を使った海鮮丼やにぎり寿司などもおすすめです。

 ぜひあなただけの「出張グルメ」を見つけてみてください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.