コラム
» 2015年08月12日 06時00分 UPDATE

断食とジュースクレンズの違いって?特徴を比較する

今ブームのジュースクレンズ。コールドプレスジュースと呼ばれる野菜や果物のジュースを飲みながら行うこの断食と、普通の断食との違いに迫ります。

[石原亜香利,ITmedia]

 断食と聞くと「モノを何にも食べられないなんて大丈夫だろうか?」と不安を感じる人も多いでしょう。確かに、ちょっと小腹が空いたらすぐに何かを口にする習慣のある私たちにとって、絶食は慣れないものです。そんな中、野菜や果物のジュースだけは飲める断食「ジュースクレンズ」は、断食のハードルが下がっているせいか、今、ブームになっています。

ts_ish0812.jpg

ジュースクレンズは、現代人向けの「断食」?

 ジュースクレンズは、1日〜5日程度、普段の食事はとらずに「コールドプレスジュース」のみで過ごす断食方法です。コールドプレスジュースとは、野菜や果物に含まれる酵素や栄養素をできるだけ壊さずに、低速回転のジューサーで絞ったジュースのこと。通常の高速回転ジューサーで絞ったのと比べて、2倍の栄養価の差が出るといわれています。

 コールドプレスジュースで体に必要な酵素と栄養素を補いながら、断食の本来の目的であるデトックス(解毒)を行います。コールドプレスジュースにはカロリーがあるため、完全なる断食とは大きく異なります。

断食との違いは?

 そもそも断食とは、体内の細胞の残りかすや、消化しきれず残っている食品添加物などを排出するのが目的。ドイツやアメリカなどでは、医療分野で治療法として取り入れられている健康療法の一つです。体内の無駄なものや悪いものを排出することで、自己免疫力や自然治癒力を回復させることが狙いです。

 ジュースクレンズも考え方は基本的に同じで、消化器官を一時的に休ませ、普段「消化」に使っているエネルギーを「排出」に使う断食です。ただし、通常の断食は、基本的に水だけで過ごし、食事や味覚をリセットする意味もある一方で、ジュースクレンズはジュースのみとは言え「味わうこと」が可能な断食なので、食の楽しみを比較的損なわずに続けられます。

 また、水だけの断食は、一人で行うとどうしても栄養不足になり、体調不良が起きるリスクが伴います。ジュースクレンズはカロリーも栄養も摂取しながら行えるため、断食の知識のない人でも、比較的安全に行えるという利点があります。

コスト面でも違いあり!

 ジュースクレンズを行いたい場合、必ず入手しなくてはならないコールドプレスジュース。専門店でクレンズを行う日数分を予約しておき、まとめて購入するという方法が主流になっています。また、スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーを購入して自宅で作ることも可能です。

 ただし、いずれもいくらかコストが掛かるという現実があります。その点、従来の断食は水だけで済むので、コスト面では非常に安価ということも、ジュースクレンズとの違いの一つといえます。

 ちなみにジュースクレンズも断食も、終わった後にすぐに通常の食事に戻すと体が驚いてしまいます。実践しようと考えている人は、「回復食」についても確認しておきましょう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.