連載
» 2016年09月06日 06時00分 UPDATE

星7つ! 大森屋「カリカリ梅赤しそ」をレビュー!

今回選んだのは大森屋の「カリカリ梅赤しそ」(170円/税込、店頭価格)です。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは大森屋の「カリカリ梅赤しそ」(170円/税込、店頭価格)です。

オススメ度(10段階評価)


この味の濃さは賛否両論か? ご飯の上には少しでOK!

 大森屋といえば海苔ですが、筆者にとっては「緑黄野菜ふりかけ」の大森屋というイメージがあります。あの緑のパッケージは、ふりかけコーナーでよく見かける定番商品といえるのではないでしょうか。

 ともかく夏休み終了記念、弁当のふりかけ特集第2弾はそんな大森屋のクエン酸500mgを含んだふりかけを取り上げます。こういうカリカリ梅入りふりかけは、経験的にはハズレが多い印象。カリカリが強すぎて、なんだか食感が邪魔に感じてしまうのです。

 ですが、本品は適度なカリカリ。梅のカケラが大きすぎず、口に残らず、しらすやゴマと一緒に食べているうちに全体的に少しソフトな食感になる、という絶妙なバランス設計。ご飯に合わせることを考えた技アリのふりかけといえます。

 何よりも味が濃い。パッケージの割にご飯の上のふりかけは量が少なめ。しかしひと口食べれば、酸っぱさとしょっぱさがかなり強い。ほんの少しで十分ご飯が食べられます。なるほど、この量で問題ないのですね。

 しかし、しょっぱさの強さについては少々余計に感じます。前回も書きましたが減塩の時代ですし。むしろゴマを増やしてもらえるとグッド。なおもう1つの主役であるしらすは、食感はアリですが梅にはかないません。あくまで脇役というところでしょうか。

 ここまで味が濃いと、食べ慣れていないうちは弁当にふりかける量を調整するのが難しいでしょう。他のふりかけの感覚では多すぎます。

公式情報

この食感は忘れられません!

カリカリ梅の食感と、その梅を生かす絶妙な味付けがやみつきになること間違いなし。

しらすが上品な味わいを醸し出します。

混ぜご飯やお茶漬だけでなく、たまご焼きなど変幻自在にご利用いただけます。

栄養成分

熱量 77kcal
タンパク質 6.2g
脂質 3.2g
糖質 5.1g
食物繊維 1.6g
食塩相当量 7.5g
カルシウム 100mg
クエン酸 500mg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう