連載
» 2015年03月12日 06時00分 UPDATE

身体を張って検証しました:ドラッグストアで買えるダイエット食品ならやせられる?

ダイエットの基本といえば食事の改善。そんなことは分かりきっているので、いかに簡単にできるかが問題。そこで目をつけたのが「ドラッグストア」。健康&ダイエット食品がそろっているじゃありませんか。食べ続ければやせる……はず?

[小林誠,ITmedia]

 ダイエットの道は厳しい。この連載では毎週異なるダイエットを試しているが、そもそもたった1週間で効果が目に見えて、というのは難しいだろう。しかし異なる方法とはいえ毎週ダイエットを積み重ねているわけで、ゆっくりとやせてきても良いはずだ。……だが実際はまったく効果が見えない。通常時と同じか、少し太ったか、これらばかり。やはり「食事」を変えねば、とダイエット食品を買い集めたのだが、結果は悲惨……。むなしい結末を確認してほしい。

ts_diet01.jpg 今回のダイエット食品は「お菓子」「おやつ」といった商品が多い。手軽に食べられるが「食事」として見ると物足りない。それが失敗の原因か?

ダイエット食品は豊富で飽きにくい……と思いきや?

 ダイエットの方法はさまざまだ。この連載ではコンビニの食事でやせようとしたり、サプリを飲んでやせようとした。筆者は過去に運動でやせようともした。しかし失敗し続けている。

 今回はドラッグストアで健康食品やダイエット食品を購入し、それをいつもの食事に含めて1週間過ごすことにした。この手の「〜だけ」ダイエットは結局いつか破綻するものだが、ドラッグストアの商品の種類は豊富。飽きにくいはずだ。

ts_diet02.jpg ダイエットのためのビスケット、せんべい、雑炊はチェーン展開しているドラッグストアではよく見かける。種類も豊富で、こんなにあるのかと驚くが……

 しかし、続けてみてかなり大きな誤算があった。

 1週間ダイエット食品を食べてみて、気づいた点は以下の通り。

メリット

  • おいしい
  • 安い
  • 腹にたまる

デメリット

  • お菓子系が多い
  • モサモサした食感
  • 似たような味
  • 結局いつもの食事も摂る

 たしかに商品数は多い。ドラッグストアで1コーナー設けられているほど。しかし並んでいるのが「お菓子」ばかりだ。ビスケット、クッキー、せんべい、ケーキ。おいしいし、お腹にも貯まるが「食事」をしている感じがない。

 すると、ダイエット食品を口にしたあと、物足りなくなり普段の食事をしてしまうのだ。これではいつもより食事の量が多くなっているではないか!

 さらにビスケットやクッキーの商品は味が似ている。食感も同じようにモサモサ。おいしいのだが、腹に貯まるよういくつも食べていると、予想以上にすぐに飽きる。続けて食べたいとは思わない。

 どうにもデメリットばかり気付く。今回はあまりにも「お菓子」系が多かったか。筆者の商品セレクトが悪過ぎた。ダイエット初心者は注意してほしい。

ts_diet03.jpg 雑炊をもっと増やせばよかったか。しかし雑炊は量の割に価格が高い印象……

ひとつひとつのダイエット食品はおいしいのにっ!

 そんな今回選んだ健康食品、ダイエット食品は以下の通り。

メーカー 商品名 価格(税込) カロリー(内容すべて)
アサヒフードアンドヘルスケア うまみしょうゆ雑穀せんべい(60枚) 306円 300kcal
アサヒフードアンドヘルスケア おからでつくったごぼう。堅焼き 306円 300kcal
アサヒフードアンドヘルスケア えび塩味雑穀せんべい(60枚) 306円 300kcal
アサヒフードアンドヘルスケア ベイクドポテト 306円 240kcal
アサヒフードアンドヘルスケア 黒糖きなこビスケット(64枚) 306円 320kcal
アサヒフードアンドヘルスケア 豆乳と野菜のハードクラッカー(64枚) 306円 320kcal
明治 ダイエットビスケット さくさく食感いちご(16枚) 306円 302kcal
明治 ダイエットビスケット クリームサンド(6枚) 306円 348kcal
ユニマットリケン 五穀ぎっしりスティック(10本) 734円 412kcal
DHC 発芽玄米 おこげのスープ(2食) 334円 176kcal
DHC 発芽玄米雑炊 中華風鶏 229円 86kcal
DHC 発芽玄米雑炊 鶏たまご 229円 80kcal
DHC 発芽玄米雑炊 梅 229円 69kcal
DHC 発芽玄米雑炊 中華風生姜 229円 79kcal
総計 15品 4432円 3332kcal

 全15品、合計4432円。カロリーは3332kcalとなる。1週間、毎日1食をこれらにするなら、1食633円ほどで、1食476kcalだ。もちろんこれだけならやせられるだろう。だが前述したように物足りないのだ。ひとつひとつの商品はおいしいのだが。主な商品を紹介しよう。

ts_diet04.jpg ベイクドポテト。コンソメ味が効いている。ポテトチップとは違うが、濃い味付け。だがカロリーは低く、食物繊維やコラーゲンが含まれる
ts_diet05.jpg おからでつくったごぼう。歯ごたえ抜群。縦長だがほぼ「せんべい」と思ってよい。筆者はかなりお気に入り
ts_diet06.jpg クリームサンドを挟んだダイエットビスケット。アサイー&ブルーベリー味。厚みがあり食べごたえがある。しかし6枚は少ない!
ts_diet07.jpg こちらもダイエットビスケット。いちご味。軽く、割れやすい。クリームがないとモサモサした食感が気になる
ts_diet08.jpg 五穀ぎっしりスティック。麦や玄米がギュッと固まっているほんのり甘めのスティック。これも歯ごたえがある。筆者はこれをチョコレートで包んだら良いのになあ、と思っていた。こんな考えをしている時点でそりゃあ太るわ……
ts_diet09.jpg 発芽玄米の雑炊は塩っけもあり、一番食事らしい商品。何杯も食べたくなるが、すると食費&カロリーが増えてしまう

手応えを感じていたが……あれぇ〜? 2歳老け、BMIも肥満度2へ

 冒頭から結果が思わしくないことを伝えてきたが、とはいえ食事を続けて1週間、筆者の腹は割とへっこんではいた。身体も重くないので、やせたのでは? と思っていたのだが、タニタの「インナースキャン50 BC-313」で計測してみると、惨敗。

 結果を下に掲載する。左が1週間前、右が1週間後の数値だ。

  • 体重/81.55キロ→82.8キロ
  • BMI/28.7→29.2
  • 体脂肪率/24.3%→25.5%(いずれも軽肥満)
  • 筋肉量/58.55キロ→58.50キロ(いずれも多い)
  • 内臓脂肪/12.5レベル→13.0レベル(いずれもやや過剰)
  • 基礎代謝/1日1759kcal→1761kcal(標準)
  • 体内年齢/36歳→38歳

 体重が増え、もう少しで83キロに。BMI、体脂肪率、内臓脂肪、体内年齢がアップ。まったく効果が出ていない。基礎代謝が増えたのは良いことだが、それだけ。筋肉量は落ちている。どうも身体を触っていると、お尻のたるみが気になる。下半身が太ってきたか。

ts_diet10.jpgts_diet11.jpg (左)初日。(右)7日後。通常時は82キロの筆者。毎週のダイエットが裏目に出ているとしか思えない
ts_diet12.jpgts_diet13.jpg (左)体内年齢は38歳を迎えました。本来の年齢は32歳です。(右)BMI(肥満度)も29.2へと上がる。厚労省のページを見たら、現在のBMIはかろうじて「肥満度1」。30を超えると肥満2へとレベルアップ! ……泣きたい。出典は日本肥満学会2000

 前々回、サプリダイエットをしているときに体内年齢が2歳老け、前回それが元に戻ったのだが、また老けてしまった。筆者としてはかなり期待が高い方法だっただけにショックだが、振り返ってみればいつもより食事の量が多くなり、失敗は当たり前。

 だが、もはや失敗の原因は明らか。お菓子を減らし、ダイエット食品に慣れていけばいいのだ。そこで次回もドラッグストアで購入したダイエット食品を中心に過ごしてみる。こういうものは長く続けたほうが効果が出るもの。次こそはうまくいくに違いない……たぶん。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事