レビュー
» 2015年05月04日 06時30分 UPDATE

Apple Watchの画面を押し込む「強押し」は、「長押し」とどう違うのか

Apple Watchでは、新たに「強押し(Force Touch)」と呼ばれる操作が取り入れられました。いわゆる「長押し」とはちょっと違う強押し操作をご紹介します。

[園部修,ITmedia]
Apple Watch Force Touch Apple Watchの強押し

 先日、Appleが公開したビデオガイドの中で、画面に一定時間以上触り続ける「長押し」のような操作があったことを受けて、「あまり直感的とはいえない長押し操作を多用する点には、不安を感じる」と指摘しました。iPhoneなど、タッチパネルを搭載するデバイスでしばしば用いられる長押し操作は、そのやり方を知っている人しか使えない操作だからです。しかしこれは、あくまでも製品に触れる前、映像を見て感じたことでした。

 Apple Watchの実機を操作すると、Appleが「フォースタッチ(Force touch)」と呼ぶこの操作は、長押しとは少し違うことが分かりました。ビデオガイドの中でも「画面を強めに押してください」と言っているとおり、押し込むようなイメージで操作するのがポイントです。林信行氏が用いていた「強押し」という表現がいいかもしれません。

 この強押し操作は、長押しとは明らかに違います。動画を見ていただくと分かると思いますが、長押し操作でよくやるように、画面に長い時間触れていても何も起こりませんが、短時間でも強く押し込むと反応します。

 Siriを起動する際にはDigital Crownを長押ししますし、ホーム画面でアプリアイコンの並び替えたり、アイコンを消したりするときには、iPhoneと同じように画面を長押しするので、長押し操作自体がなくなったわけではありませんが、今まであまりiPhoneでは長押ししていなかったシーンでも、強押し操作が取り入れられています。

 強押しをすると、画面の表示が少し奥に下がるように動いて、上にメニューなどが表示されます。画面の動きとも連動しているので、長押しよりは分かりやすいと感じました。最初はちょっと慣れが必要かもしれませんが、「あれ、ここでも何かできることはないかな」と思うような場面では、Apple Watchを強く押してみるといい、と覚えておくとよさそうです。

 ちなみにこの強押し操作、Taptic Engineを採用したMacBookやMacBook Proのトラックパッドなどにも採用されているので、もしかしたら次のiPhoneなどにも搭載される可能性があります。Apple製品の新しい操作として、定着するのかもしれません。

Apple Watch Force Touch 正面から見ると、動画でも操作感がイマイチ分かりにくい「強押し」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事