「iPhoneが故障した!」と思ったら

「「iPhoneが故障した!」と思ったら」の連載記事一覧です。

【ITmedia】()

充電などで頻繁に使うLightningケーブルは、1年も使っていると端子付近の被覆が破れたり、中のケーブルが断線してしまったりすることがあります。そんなときでも、保証期間内なら無料で新しいケーブルに交換してもらえます。

【園部修 , ITmedia】()

iPhoneでほとんどの動作の起点となるホームボタンは、よく使うだけに故障もしやすい場所です。ホームボタンが反応しない、ときどきしか動かない、といった症状が現れたら、まずはこちらを確認し、早々に修理することをお勧めします。

【園部修 , ITmedia】()

落下や破損の危険と、常に隣り合わせのiPhone。生活に欠かせないものだけに、事故が起きやすいポイントでは、意識してリスクを回避する必要があります。

【園部修 , ITmedia】()

常に持ち歩いているiPhoneは、壊してしまうリスクと背中合わせ。特にリスクが高まる、事故が起きやすいポイントでは、意識してiPhoneを危険から遠ざけるように努力したいところです。

【園部修 , ITmedia】()

気を付けていても起きてしまうiPhoneの故障や破損。実際には、どんなシーンでこうした事故が起こりやすいのかまとめました。こうした場面に遭遇したときには気を引き締めたいものです。

【園部修 , ITmedia】()

iPhone修理の際に知っておきたいことをまとめました。

【園部修 , ITmedia】()

気を付けていても、不慮の事故などでiPhoneの画面が割れてしまうとかなりショックです。そうならないために、細心の注意を払うのは当然ですが、iPhoneは落とすもの、という前提で対策を考えてみることも大事かもしれません。

【園部修 , ITmedia】()

ワークアウト中に落としてしまったり、手から滑り落ちてしまったり――。ちょっとした不注意から起きるiPhoneの画面割れ。その修理にはいったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。2015年夏時点での最新情報をまとめました。

【園部修 , ITmedia】()

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!